エスパルス研究所

清水エスパルスの躍進と新スタジアム建設に向けた考察

カテゴリ:エスパルス > クラブ運営

social_img

 清水の今後の予定で、今のところ明らかになっているのは、2021年2月1日(月)~2月10日(水)、春季キャンプ(鹿児島市)実施ということと、2月26日の開幕戦がアウェー鹿島戦になりそうだということくらいだろうか。

 昨年であれば、1月25日の清水魚町稲荷神社での必勝祈願、同日のサポーターイベント、2月8日のファンミーティング(クラブからサポへの説明会)など、開幕前にチームに触れあえたり、選手たちの様子を見たりすることができるイベントがあった。いずれも、毎年恒例のものだろう。

 しかし、今年はそういったイベント開催の案内が、一切ない。必勝祈願やサポイベントは、昨オフの例で言えば、鹿児島キャンプの日程と同時に発表されている。今回、いまだに発表がないということは、サポが開幕前に参加できるイベント類は、コロナ感染防止のため、今年は一切無いということなのだろう。スタッフ・選手だけが神社にお参りに行くことはあるかもしれないが、密を避けるために一般の方はご遠慮をということになるのではないか。当然、三保見学も当面できないだろうし。

 もちろん、キャンプの様子がクラブからSNSで発信されたり、プレシーズンマッチが配信されたりといったことはあるかもしれないが、我々は新規メンバーも良く知らないまま、開幕後に初めて、新生エスパルスを自分の目で直に見ることになるのだろう。まあ、それとて、あと50日足らずのことなので、あっという間なのかもしれないが、何とも待ち遠しい話である。ていうか、今の様子から言うと、無事に開幕さえしてくれて、制限付きでも観客が入れる状態だったら、御の字か。

PS:公式HPをよく見たら、以下のような情報が出ていた。すでに書いたことを書き直す時間的余裕がないので、追記という形でご容赦ください。

【1月のスケジュールについて】
◆1月15日(金) 『2021シーズン新体制発表記者会見』 ※詳細は後日お知らせいたします。
◆1月23日(土) 『必勝祈願』 @魚町稲荷神社 ※詳細は後日お知らせいたします。
◆1月23日(土)『021シーズン出陣式』 @エスパルスドリームプラザ
『エスパルス ファン感謝大セール』 @エスパルスドリームプラザ1F 「エスパルス スクエア」
※コロナ感染予防対策のため、選手とのふれあい企画はございません。詳細は後日お知らせいたします。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

 上に見るように、「【2020season LAST MATCH】最終戦の遠征に密着した秘蔵映像を大公開! 12月19日 明治安田生命J1リーグ 第34節 vs ガンバ大阪 @パナスタ」という動画が公開された。

 普段、なかなか見ることのできない戦いの舞台裏を垣間見れて、興味深いが、特に印象に残ったのは次のようなシーンである。ホテルでの食事風景だが、例年だったらワイワイ賑やかに食べるところ、感染防止のため、スクール形式で机が並べられ、距離をとって食事をしている。まるで過疎化で子供が少なくなった学校のようだ。今シーズン、選手たちがどれだけ不自由な行動を強いられ、ストレスが溜まっていたか、窺い知ることができた。

698

 2020年、清水の成績はさっぱりだったけど、一部のクラブのような警察沙汰は起きなかったし、これは運・不運によるところも大きいとはいえ、コロナ感染者も出なかった。難しいシーズンを乗り切ってくれた選手たちと、それを支えたスタッフに感謝したい。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

game_photo_image11700

 今シーズンのJ1は、コロナ禍という状況はあったにせよ、川崎フロンターレの強さは異常だった。コロナで過密日程になったから川崎の選手層の厚さがものを言ったという面はあっただろう。川崎がACLというハンデを背負っていたら、ちょっとは展開が違っていたかもしれない。しかし、いずれにしても、今季のJ1優勝は川崎がものにしていたとしか思えない。他チームは、それだけの力の差を見せ付けられた。

 2位ガンバ大阪との試合が、優勝を決める一戦になったわけだが、優勝が決まる直接対決で、あれほどまでに完璧に勝ち切ったチームが、Jの歴史にあっただろうか? ガンバだって、そこそこ守備は強いチームなのに。

 どうやら、川崎の黄金時代は当面続きそうだ。あのチームは、一時的に良い選手が偶然集まっているわけではなく、選手獲得のノウハウからして哲学に貫かれている。たとえ三苫が海外に移籍しても、第二、第三の三苫がすぐに出てきそうである。

 所長は、清水にリーグ優勝してほしいと思っているわけだが、優勝するためには、あの川崎を倒さなければいけないわけである。並大抵のことではない。

 思えば、今季、篠田監督が続投していれば、J1の中位くらいには安定して留まれたかもしれない(昨年、篠田監督就任後の戦績はほぼ五分五分だった)。しかし、上位進出はなかっただろう。タイトルを争えるようなチームになるために、斬新な戦術の持ち主で、「自分はチャンピオンになる方法を知っている」と豪語する指導者を招聘したことは、間違っていなかったと思う。そうした指導者であれば、もしかしたら、本当に栄冠をもたらしてくれたかもしれないからだ。もちろんリスクも大きいが。

 清水にリーグ優勝を目指してほしいという観点から、所長は今季の挑戦は間違っていなかったと思う。残念ながら、具体的な人選がちょい惜しかったというだけで。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

 先日の11月3日の試合は、休日のデーゲーム。相手はそこそこの大クラブ。天気は快晴。それなのに、観客がわずか6,168人にとどまるとは、こんな事態は、今年の初め頃には思いもしなかった。

 コロナで観客数に上限が設けられているとはいえ、他の会場からは「チケットが早々に完売」といった話も聞こえてくるものの、清水はリーグ戦再開後、完売が一度もないはずである。チケットの販売状況のサイトを見ても、ずっと「○」の状態が続き、試合当日を迎えるというパターンだ。清水の場合、コロナ禍もさることながら、ピーター時代の連敗禍、失点禍が観客動員には痛かったことがうかがえる。まあ、誰だって、自分の応援するチームが、お約束のように毎回2点以上とられて、惨めに負けるところを、高いカネを払って観に行きたいとは思わない。このこと一つとっても、監督の交代は、必然だったと言わざるをえない。

 ただ、神戸戦は、動員数は振るわなかったとはいえ、久し振りに本来の雰囲気に戻りつつあるという印象も受けた。鳴り物の解禁、アウェー席の開放が大きかったのだろう。もちろん3点とって勝てたことが大きかったが、再開後では初めて、「熱気」を体感した。

 セレッソ戦のチケットも、残席は今のところ「○」のままである。しかし、チームが好転の兆しを見せ始めた今こそ、現地で後押ししたいものだ。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

pcimage

 清水エスパルス前社長の左伴繁雄氏が、こちらのインタビューの中で、気になることを述べている。なお、記事は有料サイトに掲載されたものであり、当該部分は有料購読者でないと読めないことになっていると思う。

 コロナ禍の影響が、クラブの経営を本格的に圧迫するのが来年になるのは明らかです。

 まあ、そりゃそうか。ということは、今年、クラモフスキー前監督の所望にもかかわらず、シーズン途中の戦力獲得が一人もなかったわけだから、来年は、ますます財布の紐が固くなり、戦力拡充などは望めないということか?

 ただし、ここに来て、来季に向けた戦力獲得の情報が、早くも入ってきた。コリチーバに所属するブラジル人左SBウィリアム・マテウス(30)獲得に向け動いていると伝えられる。上の写真の選手である。

 ただ、直感的に思うのは、外国人枠の問題もあるし、おそらく出ていく選手がいて、プラマイゼロ(むしろマイ?)になるという話なのではないだろうか。まったく試合に出ていないGKネト・ヴォルピが来季もいるのかは疑問だし、高額な割には稼働率が低すぎる右SBエウシーニョの去就も微妙という気がする。FWドゥトラも、今季のうちにとっては貴重なアタッカーではあったが、どうしても必要かというと、疑問符がつく。DFソッコの契約が延長されるのかも、良く分からない。ヴァウド、ヘナト、カルリーニョスは是が非でもプロテクトするとして、それ以外は入れ替えがあっても不思議ではないなという気がする。選択と集中で、費用を今年よりも抑えられるのであれば、経営的な観点からは悪くないだろう。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

P1280781

 クラモフスキー前監督は、人間として嫌味がないところが救いで、清水を去るに当たっても、立つ鳥跡を濁したという印象はない。しかし、さすがに、清水について思うところはあるようだ。英語になるが、オーストラリアのサッカーサイトに出たこちらの記事から、そのあたりのニュアンスが伝わってくる。

 この記事を読んで、個人的に「おやっ」と思ったのは、ピーターが、「今季、私が下したすべての決定は、このクラブに2021年にトロフィーをもたらすということに基づいていた」と述べていることだ。実は、当S研ブログでも、「ピーターはトロフィーをもたらすと言っているが、それは具体的にいつの話なのだろうか」と問題を提起したことがあり、ピーターが2021年を勝負の年だと考えてたというのは、今回この記事で初めて知った。このあたり、クラブ、現場、サポの間で、認識が共有されていたとは、とても言えないだろう。もしもピーターが最初から「勝負のシーズンは2021年です。初年度は、相当苦労するかもしれない。もしかしたら、降格危機に陥るかもしれない。しかし、2年を与えてほしい。それならば、必ずタイトルをお約束する」といった明確なタイムスケジュールを示してくれれば、クラブもサポも、もっと忍耐力を発揮できたかもしれない。いやもしかして、クラブにはそのように伝えていたのだろうか?

 そして、この記事を読むと、ピーターはフロントが戦力強化に動かないこと、今季の2度のウインドウで一人の選手も獲得しなかったことに苛立ちを覚え、自分のビジョンとクラブの方向性が合致していないと考えるようになったという。来季の予算も大幅に削減されそうなこと、必要な変革をクラブが後押ししてくれるという確信が得られないことから、ピーターは契約解除を申し出、クラブがそれを受け入れた、とされている。また、ピーターはすぐにはオーストラリアに帰らず、日本での新たな活躍の場を見付けたい意向とされている。

 この記事にあるように、本人から契約解除の申し出があったとしたら、違約金云々は発生しないのかな? まあ、フロントの動きの鈍さに苛立つピーターの気持ちも分からないではないが、補強の見送りが3勝・5分・17敗の言い訳にはならないだろうというのが、所長の見解である。結果だけじゃなく、期待のもてる内容でもなかったわけでね。いずれにしても、これからも元気で頑張ってほしいとは思うが。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

P1280799

 そんなわけで、昨日清水エスパルスは、ピーター・クラモフスキー監督および側近コーチとの契約解除と、平岡宏章新監督就任を発表した。およそプロの(しかもトップカテゴリーの)チームとは思えない内容と結果が続き、常識的に言って解任が妥当だし、当S研ブログでは9月くらいから解任やむなしという論陣を張っていたので、個人的には今回の決定を支持する。しかし、以下のような疑問がある。

 第1に、なぜこのタイミングだったのかという疑問である。ピーター清水がまったく上向く気配なしというのは、少なくとも9月くらいには明白になっていたことであり、連戦続きで監督交代が難しかったにせよ、なぜ鳥栖戦から柏戦までほぼ2週間空くタイミングを使わなかったのか。そして、中2日という短いインターバルで次の試合が来るこのタイミングになってしまったのか。さらに言えば、柏戦は、心躍るような試合では決してなかったが、ピーター清水の第二形態と言おうか、新しい一面を見せ、アウェーで難敵・柏相手に勝ち点1を持ち帰ったことは事実である。2失点、3失点続きでも解任しなかったのに、スコアレスドローの直後に解任というのは、やや辻褄が合わない。

 第2に、なぜ平岡さんなのだろうか? 確かに、所長もポスト・クラモフスキーのシナリオについてあれこれ考える中で、現実的には資金的観点からも内部昇格だろうと考え、候補の一人として、頭の片隅に平岡さんの存在もあった。しかし、大熊GMの監督代行兼任や、篠田さんの再登板の方が現実味があるように思われ、平岡さんという発表には虚を衝かれた。はっきり言って、「こういうサッカーを目指す」という前向きな選択ではなく、消去法だろう。もっと言えば、野球で言うところの敗戦処理というか、もう惨敗に終わることが確実な今シーズンを何とかやり過ごすための人選というニュアンスが強いのではないか。もちろん、平岡さんはユースを強くした実績の持ち主であり、またユース出身選手との絆も強いはずなので、監督自身がチームを立て直してくれること、そして選手たちが奮起してくれることを、強く願うが。

 第3の疑問として、第2の点とも関連するが、来シーズンの監督はどうするのだろうか? 平岡さんは今季いっぱいという前提なのか、あるいは成績次第なのか、それとも続投が既定路線なのか? 一部報道では「来季は未定」とされているが、果たしてどうだろうか。

 第4に、今回のドタバタ監督交代で、清水の財布はどのくらい痛むだろうか。ピーターおよびコーチが、1年契約だったとは思えず、少なくとも来年くらいまでは契約が残っていたのではないだろうか。ゴトビ氏との間で裁判沙汰になったように、痛いツケが残りそうである。シーズンシートの返金辞退で、3,300万円ほどがクラブに入ったものの、そんな浄財などすぐに吹っ飛ぶほどのツケが残るとしたら、やりきれない話だ。

 最後、第5に、ピーター監督の招聘を主導した人物がいるはずだが、その人物は責任をとらないのだろうか? 所長の理解によれば、それは前GMのはずである。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

game_photo_image11994

 ゴメン。最初に謝っとく。今回のタイトルは「釣り」です(笑)。

 いやね、ピーター清水、これほど悲惨な成績なのに、監督が解任されないのはおかしい、山室社長も大熊GMもそこまで非常識な人間ではないだろう、きっと新監督の招聘に動いてくれているはずだ、ハハーン、さては現在別のJクラブを率いている名将を引き抜くのだな、なるほど、それだったらシーズン途中のこのタイミングで発表するわけにはいかないわな、今季いっぱいはやむなくピーター体制で行って、シーズン終了後に新監督を発表するに違いない、具体的には誰だろうか、そうか長谷川健太か、FC東京も上位争いはしているけれど、3年目の今年もV逸は確実であり、「サッカーの監督は3年が賞味期限」説に従うならば、そろそろ一区切りつける時期だもんな、なるほど、そこに我が清水が声をかけ、健太も古巣への愛着はひとしおであり、来季の監督就任が内定したわけだな、うん、ここまでクラブがなしのつぶてなのはおかしいなと思っていたけど、それで納得した。

 まあ、そんなような妄想をしてみたわけです(笑)。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

653

 ろくな情報のない昨今の清水にあって、「J1清水、下部組織強化へ指針 アカデミーヘッドオブコーチング森岡氏『潜在力さらに発揮』」という記事には、注目した方も多いであろう。

 J1清水エスパルスが、下部組織全体の育成指針となる「アカデミーフィロソフィー」を新たに構築した。下部組織の指導者育成に携わる「アカデミーヘッドオブコーチング」を務める元日本代表DF森岡隆三氏(45)が中心となり作成。目指すプレースタイルを明確にした上で、選手に求める要素などスタッフが共通認識として持つ指導の観点を定め、育成年代の強化を進めていく。

 ただ、それとまったく反するような、川崎についての記事が伝えられた。「川崎Fが大卒選手を積極獲得する理由。強化担当が明かす3つのポイント」というものである。

 J1第23節を終えてふたりで16得点。首位を走る川崎フロンターレの大卒ルーキー、三笘薫と旗手怜央が決めたゴール数だ。三笘は筑波大学から、旗手は順天堂大学から今シーズン加入し、それぞれ即戦力として驚くべき活躍を見せている。川崎のメンバーリストに目を凝らせば、彼らだけではない。エースである小林悠も拓殖大学から、キャプテンマークを巻く谷口彰悟も筑波大学から加入している。アンカーを担う3年目の守田英正にしても、流通経済大学から加入した選手。17年前、中央大学から入った中村憲剛もそうだ。名前を挙げればキリがないほど、川崎は大学経由で加わった選手たちが主軸を務めている。そこに今日の強さであり、選手層の秘密がある気がした。

 このように、人材育成・確保という観点から、かなり対照的な戦略をとりつつある両チーム。もちろん、どちらが正しいなどということはないだろう。しかし、残念ながら、現在のところ、川崎の戦略が大きく花開き、清水などは完全に圧倒された形である。

 川崎についての記事の中で、いくつか注目ポイントがあるが、その一つは、川崎がJリーグ後発組だという自覚を持ち、キャッチアップするための効果的な方法として、大卒を重視しているという点である。「王国」のプライドにあぐらをかいて没落の一途を辿っている清水と、対照的だ。

 もう一つ、川崎のスカウトである向島氏の次の指摘は、考えさせられる。

 ユースや高校からプロになるような選手は、……当然、海外指向も持っている。大学生だから海外に行かないというわけではないですが、僕自身はフロンターレのスカウトなので、高校生をたくさん獲ってきて、海外に移籍されても困りますからね。その意味では、大学からプロになった選手のほうがチームに腰を下ろしてプレーしてくれるかなと思いました。

 うーむ、確かに、清水ユースから大きな期待を受けてトップ昇格する選手は毎年いるが、成長すれば海外や(北川)、Jのビッグクラブに(犬飼)移籍してしまい、成長できなければ2~3年で引退してしまうか、下位カテゴリーに移籍するのがお決まりのパターンである。ユース出身の選手が、数年の長きにわたり清水のトップチームを支えてくれるということは、近年は稀になっている。

 それにしても、清水が今回打ち出した次のような「アカデミーフィロソフィー」は、どうだろうか。

 清水の特色として積極的かつ知性的にプレーし、攻守両面で仕掛けていくスタイルを打ち出した。攻撃は「意図的に優位性をつくり積極的なアクションでゴールを目指す」、守備は「個と組織で意図的かつ果敢にボールを奪いにいく」という原則も設定。体現するために必要なあらゆるプレーを一つ一つ細かく言語化した。

 バルセロナのように、アカデミーからトップまで一貫した哲学を打ち立てて、カンテラ出身者がトップチームを支えるようにしたいという理想は分かる。しかし、現在のクラモフスキー体制ですら、戦術は徹底できておらず、システムも戦い方もコロコロ変わっている現実がある。「大榎ポエム」も結構だが、もっと地に足を付けて現実に向き合わないと、理想に反して、没落が加速する一方ではないか。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

 「宇都宮徹壱ウエブマガジン」というメディアで、今般の新潟、仙台の不祥事を受け、清水の左伴前社長の経験者としてのインタビューの模様が出たので、よかったら上掲動画をご覧ください。清水で横領事件が発覚した経緯もこの中で語られている。

 たぶん、本日、後編が発表されるはずだが、もしかしたら後編は会員限定になるかもしれない。この機会に、入会を検討してみては。(下は単なるサムネイル)

652
よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

game_photo_image11313

 いつも思うんだけど、日本のマスコミって、普段Jリーグの試合のこと、ほとんど報道しないくせに、不祥事が出た時だけ、大きく取り上げるのやめろ。

 まあ、とはいえ、仙台選手の暴行事件、新潟選手の飲酒運転と、不祥事による選手解雇が重なった。両チームの場合、選手の素行もさることながら、問題を概ね把握しながら、当該の選手を出場させ続けたチームとしてのガバナンスが問われることになるだろう。

 おそらく、清水サポさんたちは、「うちは不祥事がないだけでも良かった」と思っているかもしれない。

 いや、しかし、個人的には、今季の清水の尋常でない弱さは、完全に「不祥事」のレベルだと思っている。しかも、これだけの惨劇を繰り返しながら、クラブはまったく動かず、ただひたすら今季をやり過ごすことしか考えていないのだろうか。

 実際、マスコミなどでは、清水を含むビリッケツトリオの恥知らずな負けっぷりについて、批判したり揶揄するような報道が出始めている。降格無しというレギュレーションは、果たして正しかったのかが、問い直されている。

 バカにされても、仕方がない。本当に、ピーター清水の弱さは、スキャンダルのレベルだ。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

game_photo_image11844

 残念ながら、ピーター清水は焼け野原と化し、我々は近く玉音放送を聴くことになるはずである。その後、クラブはどうするべきなのか? 私案を述べたいと思う。

 個人的に、監督になってほしい人というのは、何人かいる。筆頭は以前も待望論を述べたように、戸田和幸氏である。クラブのレジェンドの一人だし、あの人なら、守備戦術を植え付け、それでいて効果的な攻撃もできるチームを作れるはずである。今日の日本サッカー界ではカリスマ的な人なので、サッカーファンの清水に対する注目度も一気に高まる。はっきり言って、清水サポでなくても、「戸田さんのチームの試合を観たい」というだけで、全国から熱心なマニアがアイスタに来てくれそうである。

 もう一人、これは実際に清水が1年前にもリストアップしたらしいが、反町康治氏がいる。彼は、守備戦術やハードワークの徹底はもちろん、相手チームの傾向と対策を徹底的にやり、とにかく勝つために全身全霊を捧げるタイプの指揮官である(要するにピーターと真逆のタイプ)。守備的すぎるというイメージがあるかもしれないが、それは湘南や松本のように戦力が万全でない中で厳しい戦いを余儀なくされたからであろう。彼に清水くらいの予算と戦力を与えれば、普通に攻撃的なチームも作れるだろうし、J1で1桁順位くらいは狙えるのではないかと思う。ただ、清水の地とは無縁ではないものの、協会の技術委員長という重責にあり、その要職を離れられるのかという疑問はある。本人が、現場が恋しくなっていたとしたら、狙い目かもしれない。

 まあ、このように、願望として、監督を任せてみたい人は何人かいる。しかし、特にこういう人気銘柄の場合には、先方には先方の都合もあるし、特に年度途中で就任してもらうのには難しさもある。増して、今の清水は資金が枯渇した状態で、これからの消化試合のために、大枚をはたき新監督の招聘を、ということにはならないのかもしれない。

 だとすると、内部昇格か。当面、「監督代行」でしのぐというのが一案だろう。何しろ、今現在、清水の中には、ピーターの他にも、J1監督経験者だけでも、3人もいる。ただし、そのうち、大榎氏の指揮官就任は論外であり、むしろピーターの招聘を主導した責任者として、引責があってしかるべきではないかと思う。

 もしも篠田さんが引き受けてくれたら、一番しっくりは来る。昨年のサッカーは、目を見張るようなものではなかったが、あれは篠田さんが本来やりたいものではなく、残留のために割り切ったものにすぎなかったわけで、改めて篠田さんに本来志向するサッカーをやってもらうというのは、アリだと思う。しかし、さすがにそれは、お互いに気まずい。昨年のチームを「守備的で、見るべき内容がない」として、ピーターの超攻撃サッカーに舵を切ったのに、1年も経たないうちに「すいません、もう1回やってください」と篠田さんに頼むのは、ちょっと違う気がする。

 個人的には、大熊GMが暫定的に「監督代行」を務め、それで戦力の見極めと編成、そして新監督の人選を同時並行的に進め、来季に備えるといった方式ではどうかと考える。大熊さんは、J1、J2合わせて、200試合くらいで指揮を執った経験の持ち主だ。もちろん、GMだけでも忙しいと思うが、現場とフロントが一体になって来季に向けたチーム作りをしていくためには、GMが監督代行を兼任するのが良いのではないかと思うわけだ。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

 本日はホーム広島戦。広島みたいに、決して首都圏のビッグクラブというわけではないのに、コンスタントに結果を出しているクラブは、本当に尊敬する。一例として、2019年度の営業収益(事業規模)を見ると以下のとおりであり、12位の広島は、9位の清水よりも下である。

636

 こういう数字を見るにつけ、清水はせめて、事業規模に見合った成績、少なくともJ1で10位前後にはいてほしいと思うわけである。

 もちろん、大宮や千葉のサポは、「事業規模はJ1クラスなのだから、自分たちがJ1にいないのは、やっぱりおかしい」と、歯がゆい思いをしているだろう。事業規模と成績が常に比例するわけではない。

 ただ、それでも、事業規模で見れば清水より下のセレッソ、広島、柏、大分、横浜FCあたりの方が、清水よりずっと立派なサッカーをやっているという現実は、常に認識しておかなければならないだろう。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

game_photo_image11844

 しばらく前の社長のインタビューで、持ち金は惜しみなく戦力に投入するといったことを言っていた。しかし、今季のシーズン途中の実際の動きを見ると、放出するばかりで、獲得はなし。岡崎をFC東京に返納することになったことから考えても、今年はもう、赤字削減モードに入ったのかなという気がする。何しろ、先日はリーグから、財政状況が厳しいチームの一つという指摘を受けちゃったし。

 たとえ、これから多少巻き返したとしても、今季の成績は悲惨極まりないものになることは、確実である。規制が緩和されても、0:2、1:3とかで負けるゲームなんて誰も観たくないから、観客は増えない。入場料収入が増えないから、ますます投資には慎重にならざるをえない。そんな不毛な罠にはまり込んでしまった。

 個人的には、ピーターが監督として有能でないということが証明されてしまった以上、後はいつ、誰に代えるかだけの問題だと思っている。当然のことながら、なるべく早く、なるべく有能な監督を起用してくれることを希望する。しかし、シーズン途中、任期途中の監督更迭は、予定外の出費になる。先立つものがない現状では、難しいのだろうか。

 今季は降格がないということは、新しいサッカーに挑む我々にとっての好材料だと思われていた。しかし、降格がないがゆえに、信じられないような悲惨な成績でも、チームを上向かせられない監督をズルズルと惰性で引きずり、その間にもサッカーがどんどん劣化していく…。「2020年は降格なし」というルールは、何か壮大な落とし穴だったのではないかという気がしてきた。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

628

 Jリーグは9月15日、来季から、Jリーグ公式戦に出場する選手のユニフォームに表示する選手番号および選手名の書体デザインを、全クラブで統一すると発表。視認性に配慮したユニバーサルデザインを取り入れたオリジナルデザインのフォントを、「Jリーグオフィシャルネーム&ナンバー」として導入することを決めた(それが上掲画像)。これにより、これまで観戦・視聴環境によって見受けられた背番号の視認が困難なケースの解消に取り組み、Jリーグ全体の観戦・視聴環境の向上に繋げるという。しかし、これに関し、伝統的に背番号に独自のフォントを使用してきたジェフ千葉のサポなどから、反発の声も上がっているという。詳しくはこちらの記事などをご覧いただきたい。

 これは、清水にとっては大問題だ。というのも、皆さんご存知のとおり、清水は今季からリブランディングに踏み切り、エンブレムだけじゃなく、ユニの背番号、文字もクラブオリジナルフォント「S-PULSE DRIBBLE」に統一していたからである。今回のJリーグの決定により、わずか1年で、せっかく作ったオリジナルフォントを、ユニから撤回せざるをえなくなった。

 正直言えば、所長は清水の新しいエンブレムも、フォントも、別に好きというわけではない。むしろデザイン的には旧来のエンブレムの方に愛着を感じる。しかし、いったん決まってしまったものはしょうがないし、すでに導入された以上は、クラブもサポも、統一感をもって実施することが大事だと思う。だから、今後、清水関係のデザインは新エンブレム・新ロゴで統一的なブランドイメージを打ち出していくべきだと思う(チームが悲惨な成績をただき出しており、新デザイン=駄目チームというネガティブなイメージを抱いてしまうのは、別の問題)。

 問題は、「Jリーグでは2年かけて統一フォントの議論をし、クラブとの合意形成を進めてきた」というリーグ側の説明である。とすると、清水というクラブは、リーグ統一フォントが近く導入される可能性を認識しながら、見切り発車的に、2020年にクラブオリジナルフォントを決定してしまったことになる。フォントの作成というのは、結構カネがかかるものであり、少なからぬ費用も投じたはずである。そして結局は、導入からわずか1年で撤回という、ちぐはぐな対応を迫られることになった。リブランディングを主導したのは左伴前社長だったと認識しているが、もう辞められた社長のことを云々しても仕方がないが、本来これは、責任問題なのではないか?

627
よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

game_photo_image11305

 NHKのBSで昨日放送された長谷部・岡崎・吉田の対談、欧州で生き残るというやつを観てみた(再放送かな?)。ハリルホジッチをロシアW杯の直前に解任したことについては、サッカーの専門家やファンの間でも意見が二分された。ちなみに、個人的には解任はまったく妥当であり、逆にそれ以外なかったと思っている。今回の3人の対談を見てみても、「もうハリルではムリ」というのが、代表選手たちのコンセンサスだったんだなと、改めて感じた。

 もちろん、その監督が代表チームを指揮しているうちは、そんなことを言えるはずがない。チームに不和をもたらすし、何より、自分が代表に呼ばれなくなったり使われなくなったりしてしまうだろう。監督がダメで、チームが行き詰っているというのは、雰囲気としては外から見ても明らかだが、具体的な証言が出てくるのは、あくまでも監督が解任された後の話である。

 我が清水に置き換えてみると、ゴトビ監督が解任された際には、以前からチームが求心力を失っていることは明らかだったが、解任されて初めて、どれだけ深刻な事態だったかが明るみに出た。

 今現在は、どうなのだろうか? 就任時、超攻撃的なサッカーを高らかに掲げ、トロフィー獲得の宣言までしたクラモフスキー監督だったが、今でも選手たちはそれを信じ、監督についていくつもりでいるのか?

 たぶん、ピーターは選手と年齢もそんなに離れていないし、嫌みな性格でもなさそうだから、兄貴分的な感じで、人間的な好意は寄せられているのではないか。しかし、「この指揮官は我々を栄光の高みへと導いてくれる人だ。この人を信じてついていこう」とまで信頼されているかどうか。

 このところずっと、中2日、3日で試合が続いていたので、さすがにその短いインターバルの中では、何も動きはなかった。しかし、今週も、来週も、久し振りにミッドウイークの試合がない。何か動きがあるとすれば、このあたりか。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

P1280831

 柏戦、スタジアムで感じた「音」について。

 以前も述べたが、清水というチームには、声を出して引っ張るようなリーダーがほとんどいない。声を出しているのは、ほぼ立田一人と言っていい。柏戦でも、最初のうちは、ピッチ上に響く声は、柏側のコーチングの声ばかりだった。しかし、途中から、清水側の声も聞かれるようになった。残念ながら、それは気合注入やコーチングではなく、味方へのダメ出しやレフリーへのクレームの怒声だった。どれだけチームが上手くいっていないかという、その表れにすぎなかった。

 先日、「大迷惑! メインSS席の『ダメダメおばさん』」という記事を書いた。柏戦は、個人的にはバックスタンドで観たのだが、バックスタンドの客層も、あまり褒められたものではない。だいたい、SS席はジジババが多く、サッカーのことを良く知りもしないくせに、やたらと皮肉なことばかり言っている人がチラホラいる。所長だって、このブログでは辛辣なことを書くこともあるが、それはあくまでも試合の前後であって、試合の最中にはムードを壊すような言動は控えるようにしている。しかし、今回の柏戦で、近くに座っていた中高年の観客の何人かは、「遅っ!」、「なぜそこに人がいない!」、「どうして相手に詰めない? ソーシャルディスタンスかっ!?」などと、終始ヘラヘラ笑いながらツッコミを入れていた(もちろん、声を出しての応援は禁止などとは意識の片隅にもない様子)。この客層にしてこのチームなのだなと、妙に納得してしまった。もっとも、素人のジジババの指摘がいちいち当たっているのだから、それくらいチームのパフォーマンスが悪いということであり、頭が痛い。

 八つ当たりついでに言わせてもらうが、試合開催時に会場で流される音声、見直すべきだと思う。アップの時間帯のダサい三々七拍子や、調子っぱずれの録音チャントもうんざりするが、試合の前であれば、我慢しようかとは思う。問題は、試合中のチャント、特に後半の大事な時間帯に大音響で流されるサンバ調の曲だ。あんなものをかけて、少しでもチームの成績がマシになるとでも思っているのだろうか。後半の大事な時間帯は、だいたい清水のサッカーがカオスに陥っている頃であり、そこに大音響でサンバなど流すものだから、ますますサッカーがグダグダになる。横浜FC戦に至っては、近所で花火大会まで始まって、アイスタは狂気のるつぼと化した。

 録音チャントは、運営さんが一生懸命考え、苦労して準備してくれたものだということは、理解できる。しかし、現実には、逆効果にしかなっていないではないか。川崎を見ろ。バーチャル音声などには頼らず、サッカーそのものの魅力で、観客を酔わせているではないか。J全体を見渡しても、サッカーのレベルが高いチームほど、無駄な音声的な演出はやっておらず、田舎の弱小チームほどダサい音声を垂れ流しているという傾向がはっきりしている。

 「いったん始めたことをやめられない」というのは、日本の組織の一番病的な部分である。効果を客観的に検証し、見直していくことが必要だ。清水のサッカーをすぐに改善するのは難しいが、音声ならば次の試合からでも変えられる。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

P1280781

 何度か書いたことだが、所長は雨に打たれたくないので、シーズンシートは屋根のあるバックスタンドと決めている。しかし、今季はシーズンシートがなくなったので、何度かメインスタンドのSS席を購入した。雨さえ降らなければ、やはりバックよりもメインの方が格段に楽しい。

 しかし、何度かメインのSS席を利用して、嫌なことに気付いた。そのエリアに、「ダメダメおばさん」が必ず陣取っているのである。所長は、ちょっとクセのある人でも、清水サポの大事な仲間なのだから、多少のことは我慢しようと決めている。しかし、このダメダメおばさんだけには、もう我慢がならない。

 そのおばさんは、相手にボールが渡っただけで、「ダメダメ」とつぶやき始める。ピンチが広がるにつれ、「ダメダメ」の声は拡大の一途をたどる。シュートでも打たれようものなら、夜のとばりをつんざくかのような声で、

 ダメーーーー!!!

 と叫ぶのである。

 本当に、大迷惑である。サッカーでは別に相手に攻められても、限定して遅らせて最終的に防げばOKなのに、このおばさんのダメダメ念仏を聞いていると、相手にボールを持たれただけでとてもネガティブな気持ちになる。仮にピンチを迎えても、こちとらは、「よし、立田、この一対一を止めてみろ。お前の成長を見せてくれ」などと思って、固唾を飲んで見ているのである。それを近くの席で、出来損ないの熟女AVのように「ダメダメ ダメーーー!!!」などと絶叫されると、まったく興がそがれてしまう。

 そして言うまでもなく、今シーズンはコロナ対策のJリーグ統一ルールで、声を出しての応援は禁止されているのである。そのダメダメ熟女は、ピンチの時にダメダメを大声で発するだけでなく、清水のターンの時には「竹内君! 金子君!」などとボールホルダーの名前を逐一言わないと気が済まないのだ。皆が声を出すのを我慢しているのに、なぜこのAV熟女は、自分だけが声を出す権利があると思っているのか?

 不快に思っているのは、所長一人ではないと思う。収益性の高いメインのSS席をあれだけ不快な環境にするというのは、はっきり言って、営業妨害のレベルだ。運営の方、誰か注意に行ってください。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

 あーあ、清水は勝てないし、ツイッターのフォロワーは増えないし。

 なのでちょっと気分を変えようかと。今シーズンから清水は会場での選手紹介のスタイルが変わったのだが、個人的にめっちゃ好きなので、その動画を見てみましょう。

 まあ、DJが妙にクールに紹介するのは微妙という気がするが、オレンジウエーブさんたちがフリーダンスで盛り上げてくれるところが良い。

 ただし、不満なのは、ウェーブさんたちが、メインスタンドの西寄りに集中していること。なぜメインの西だけが優遇を受けるのか。まったく意味不明と言わざるを得ない。せっかく楽しい演出なのに、会場全体に行き渡るようにはできないものか。

 今回取り上げたのはルヴァン鹿島戦の様子なので、メンバーがレア(笑)。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

UJfTnpyt

 「エスパルスドリームハウス5店舗閉店のお知らせ」という情報に、ざわついているサポさんも少なくないだろう。以下の店舗が、2020年9月23日をもって閉店となるということである。

  • SDH静岡葵店 (静岡市葵区相生町12-18) 
  • SDH静岡駿河店 (静岡市駿河区恩田原2-4) 
  • SDH藤枝店 (静岡県藤枝市青葉町1-1-23) 
  • SDH富士店 (静岡県富士市久沢237-3) 
  • SDH駿東店 (静岡県駿東郡清水町卸団地313)

 これは、以前から検討が進んでいたものなのか、それとも新社長が経営にシビアな人なので今年に入ってから急に決まったものなのか?

 経営的な判断としては、分からないでもない。何しろ、大型書店ですら、ほとんど街から姿を消しつつある昨今だ。ドリームハウスも、単体として見れば、赤字だったのかもしれない。クラブのショップは、客単価は相応に高いかもしれないが、回転が悪く、それでいて便利な場所になければ意味がないので、家賃や人件費といった固定費と、売上とを天秤にかければ、どうしても赤字になってしまうのかもしれない。時代の流れに沿って、ネット販売に切り替えていくという判断は、合理的ではある(物販はアパレルが主体なので、やはり手に取ったり試着したりして選びたいというのはどうしてもあると思うが)。

 ただ、オフィシャルショップには、情報・ブランドの発信拠点という意味もあるはずだ。それがなくなるというのは、エスパルスのプレゼンスを確保していく上で、重要な武器が失われることになる。

 特に気になるのは、旧静岡市(葵区・駿河区)におけるプレゼンス低下の恐れである。清水区の皆さんはなかなか実感が湧かないかもしれないが、たとえば静岡駅周辺におけるエスパルスの存在感は、泣きたくなるくらいに希薄である。新幹線で静岡駅に降り立った時に、ここがエスパルスのホームタウンとは、とても思えないくらいである。葵区のドリームハウスがなくなることで、その嘆かわしい現状がさらに悪化することを、強く危惧する。

 当然、クラブとしてもグッズ販売をおろそかにするつもりはなく、ネット通販と、SNS等を通じた訴求を従来以上に強化していくということなのだろう。その部分が弱体だと、先細っていくばかりなので、ぜひとも抜かりなくお願いしたい。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ