エスパルス研究所

清水エスパルスの躍進と新スタジアム建設に向けた考察

カテゴリ:エスパルス > レジェンド

 へえ、川崎の攻撃力って、大したことないんだね。湘南相手に5点しかとれないのか(笑)。

 なんて軽口をたたいて、浦和戦敗戦の憂さを晴らす今日この頃。皆さんはいかがお過ごしですか。

 湘南のチョウキジェ監督のパワハラ騒動、去就問題を、外野から眺めていて、所長なりに、色々思うところはある。まず、Jリーグによる調査が長引きすぎて、湘南のチームにとっては気の毒だったということだ。調査の時間がかかっているうちに、湘南はみるみる成績を落とし、完全に残留争いに巻き込まれてしまった。どんな結論にせよ、Jリーグがなるべく早く結論を出し、湘南が宙ぶらりんの状況から抜け出せるようにしてあげるべきだっただろう。もし今季、湘南が降格することになったら、残留争いがJリーグによるパワハラ裁定のさじ加減で決まってしまったという意味で、公平さを欠くことになろう(むろん、今の清水にとっては結果的に助かるが、そのことは別問題)。

 その一方で、伝えられているようなパワハラが事実だったとするなら、チョウキジェ監督はアウトだろう。昨日、同監督の退任がようやく発表されたが、続投などということになったら(一時はそういう雰囲気もあった)、非常識な判断だったろうと思う。

 当S研でも、チョウ監督の作り上げた湘南イズムを称賛したりしたことがあったが、それが人権侵害の上に成り立っていたのだとしたら、謹んで評価を撤回したい。湘南のような予算規模の小さなクラブをJ1で戦えるチームにするためには、監督が多少強権的に選手・スタッフを叱咤激励することは必須だろうが、当然越えてはいけない一線があり、それを越えた事実が明らかになったわけだから、退陣は当然だろう。

 さて、今回、この問題に触れたのは、戸田和幸氏のブログで「見て見ぬふりをしない」という記事を読んだからである。当S研では、何度か戸田氏に言及し、清水の監督就任待望論を唱えたりもしたが、今回のブログを読んで、改めて日本サッカー界にとって大切な人だと感じた。こんなOBを、ぜひクラブにとっての資産として活用したいものである。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

 DAZNの川崎VS清水戦の解説は、戸田和幸氏だった。戸田氏は、おそらく日本の熱心なサッカーファンの間では人気No.1の解説者だろうし、当S研でも「ぜひ清水の監督に」と推したことがあった。

 他方、戸田氏は忖度をせずに、痛いことをズケズケというタイプなので、昨今の清水の試合を解説すると、どうしてもコメントが苦言じみてくる。それを、快く思っていない清水サポもおられるようだ。

 ただ、所長としては、厳しいことをどんどん言ってほしいと思っている。「良薬は口に苦し」という言葉があるが、戸田氏の解説は「良言は耳に痛し」だ。駄目出しをされるのは我々にとっても辛いけれど、具体的な問題点を一つ一つ克服しなければ、清水の今後の躍進などはありえないのである。たとえば、川崎での清水の戦い振りを、解説者が称賛してくれたとしたら、それで少しでも我がクラブの足しになるだろうか? 誰がどう見ても、課題だらけのチームであり、今はどうにか、だましだまし勝ち点を拾っている境遇である。解説者が無料で問題点を指摘してくれるのだから、こんな有難いことはないではないか。苦言を呈されるということは、まだ見捨てられてはいないということであり、駄目出しをされるうちが華である。

 それで、有難いことに、戸田氏は今回の試合につき、自身のYouTubeチャンネルで、戦前のプレビューと、試合後のレビューを、両方アップしてくれている。上掲がレビューである。この中で戸田氏が特に強調しているのは、清水のサイドハーフのポジショニングの問題である。まず、敵がボールを持って清水がプレスをかける時に、サイドハーフが前寄りの位置をとり過ぎ、4・2・4のようになって中盤が薄くなり、それでボランチの脇を使われたり、酷い時にはボランチの間を通されたりするという問題が指摘されている。また、ファーサイドのサイドハーフは、もっと中に絞らなければ駄目であり、現在は外に張り過ぎているので、それも中盤がコンパクトさを保てない一因となっているということである。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

77

 オーストリア・リーグも開幕してすでに4試合を消化したはずだが、「北川が活躍した」という話は、一向に聞こえてこない。ラピッド・ウィーンのHPを見てみたが、ドイツ語だけのページであり、試合情報も詳しくなく、本人がベンチ入りしているのかも、良く分からない。

 それで、選手のページを見てみると、上の画像のように、航也の身長が178cm、体重が79kgとなっている。清水時代のプロフィールでは、180cm、74kgになってなかっただろうか。まあ、確かに、航也が大柄という印象はなく、むしろ清水時代に身長を盛っていて、オーストリアに行ったら正確なデータが記入されてしまったのかもしれない。

 つい先日、「今生の別れ」みたいな雰囲気で、ウィーンに旅立った航也だったが、今のままでは、そう遠くない将来に我々との再会の日が訪れるかもしれない。本人は、それは気まずいし、不本意だろう。だったら、その場所で頑張るしかないわな。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

 いや~、ユースも勝っちゃったね。なかなか幸せな週末だった。

 ところで、川崎がリーグ連覇を決めて、目に留まった情報の中に、こちらの「川崎F小林、大島ら発掘 連覇の陰にスカウトあり」という記事があった。J黎明期に清水のFWとして活躍し、オールドファンには懐かしい向島建氏が、川崎でスカウトを務めているらしいというのは、知ってはいた。ただ、今回の記事を見ると、現在の川崎の黄金時代を支えているのは、向島氏の眼力によるところがかなり大きそうである。

 今季、J1で戦った中で、唯一川崎だけは、「こりゃ絶対に勝てないな」という相手だった。ホームで川崎に負けた時、当S研では、こんなことを書いた。

 我々は、川崎に勝てるように努力するよりも、川崎のサッカーがなくなることを期待した方がいいと思う。川崎はチームとして優れているが、属人的要素も大きく、中村憲剛が引退したり、大島が移籍したりしたら、もうあのサッカーは続けられないと思う。川崎のサッカーがなくなるまで、我々は我慢だ。おそらく、そんなに遠い将来ではあるまい。我々は、自分たちのできるサッカーをやり、勝てる相手に勝てば、それでいいと思う。

 しかし、今回の記事で紹介されているように、もしも現在の川崎に良い選手が揃っているのが偶然でなく、スカウト向島氏の目利きによるものだとしたら、今後も川崎に良い選手が集まり、その栄華は続くことになる。「川崎のサッカーがなくなるのは、そんなに遠い将来ではあるまい」という所長の希望的観測は、外れてしまうことになる。向島氏が、清水と大いに縁のあった人だけに、「もしも向島氏が川崎でなく、清水のスカウトになっていたら・・・」と、イフを問いたくなってしまうのである。

 いや、こういう運命の成り行きだ、仕方あるまい。その代り、清水には育成があるではないか。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

 ご覧になった方が多いかもしれないけど、NHKのナイジェリアVSアイスランド戦で、イチ君が解説を務めていた。これまで解説をやったことがあったのか、未確認だけど、少なくともワールドカップみたいな注目度の高い試合としてはデビュー戦だったはずだ。しゃべりも、内容も、そつなくこなしていたと思う。特に、アイスランドの選手なんて、全員語尾が同じなので(笑)、覚えるのが大変じゃないかと思うのだけど、言い淀みなく選手名を口にしており、一生懸命予習したんだろうなーと感じた。本人は清水のスタッフなので、当面はJリーグの解説をすることなどは想像しにくいが、プレーヤーとして代表も様々なカテゴリーも経験した人なので、将来的には解説者というキャリアもアリなのかもしれない。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

 当S研の記事カテゴリーには、「レジェンド」というカテもあるので、たまにはその記事も書かないとということで、安永聡太郎のことに触れたいと思う。ご存知の方も多いと思うが、こちらのサイトで、田崎健太氏というライターが、安永聡太郎のキャリアについての連載を手掛け、このほど同連載は完結した。それで、清水とのかかわりが語られているのは、連載のNo.9No.10である。

 安永が清水にいたのは、清水にとっての黄金時代とも言えるペリマン、ゼムノヴィッチ時代だったので、多くの清水サポにとって安永はそれなりに働いてくれたプレーヤーという位置付けになるのではないかと思う。しかし、本人は大いなるジレンマを抱えて清水でプレーしていたということが、この連載から良く分かった。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

 1月8日に草薙で開催された、日韓代表のOBたちによるレジェンドマッチ、BS朝日で放送していたので、それを眺めてみた。あいにくの冷たい雨が降り注ぐ天気であり、大榎氏をはじめ、両国選手はブルブルと震えるような様子で入場。あのお天気では、選手も、観客も、罰ゲームに近い感覚があっただろう。もっと良い天気でお客さんも沢山入ったら、日本チームももっと頑張ったかもしれないが、ああいう厳しいコンディションではどうも韓国チームの方がたくましさを発揮する傾向があり、試合は4:0で韓国が完勝。ついでに言えば、冬枯れした草薙の芝生は、1980年代を思い出させる懐かしくも物悲しい風景だった。清水のOBでは、大榎、澤登、三浦ヤス、齋藤などの各氏が出場したが、あまり大きな見せ場はなかった。唯一の現役プレーヤーとして特別出場した小野伸二も清水OBと言えばOBだが、大事なシーズンを控えた時期であり、無難なプレーに終始していた。現役のフル代表による日韓戦の前座試合として、OB戦をやったら、かなり本気度が増して盛り上がりそうな気もするけど、いかんせん今回は「寒い」だけの試合だった。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

 こちらに、ノンフィクションライターの田崎健太さんが書いた、安永聡太郎氏についての物語「少年のようにサッカーを愛する男は、なぜ監督とぶつかって干されたか」が出ている。まだ第1回だが、これからエスパルスの話とか出てくるのか楽しみ。忘れないように、メモ。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ