エスパルス研究所

清水エスパルスの躍進と新スタジアム建設に向けた考察

カテゴリ: Jリーグ

947

 ロティーナ清水が覚醒して自力で力強く残留を勝ち取るというのは、個人的にもう諦めたので、清水の試合もさることながら、残留ライバルたちの試合結果に一喜一憂する日々である。いつも申し上げるように、所長の場合は、他会場の試合もダイジェストではなく、時間差でもいいから、なるべくフルで観たいタイプであり、一日一試合ずつ、前節の各会場の試合をDAZNで見逃し配信観戦している。それで、このほどようやく、前節の下位チームのカードだけ、観終わった。こういう次第なので、当S研ブログでは、どうしても情報が遅い傾向がある。

 前節に関して言えば、まず金曜日にいち早く湘南が負けてくれたので、そのことだけでも、清水がこの節に降格圏に沈むことはなくなり、大きな朗報だった。しかし、湘南のサッカーを観ていると、このチームがこのまま低迷してくれるとは、とても思えないのである。失点が少ない非常に安定したチームであり、これで決定力のあるエースストライカーがいたら、J1の一桁順位も可能じゃないかと思われる。清水が湘南と直で残留を争うとなると、どうも分が悪そうだと思えてしまう。

 前節、最大の衝撃は、徳島が鳥栖に勝ってしまったことだった。しかし、鳥栖の自滅だったとの印象が強い。パワハラ騒動の渦中にあるキム監督の憂さ晴らしなのか?、メンバーをいじりすぎだし、ディフェンスラインも博打を打ちすぎである。徳島は最近、丁寧に繋ぐことよりも、ロングボールを一気に前線に送ってFWに勝負させることにシフトしており、それが鳥栖相手にはまってしまった形だった。

 同じく横浜FCが鹿島に勝ってしまったのも衝撃だったが、横浜FCは最下位で、清水とは勝ち点差が10もあり、さすがに清水が気にする相手ではないだろう。もし仮に、横浜FCと順位的に競るようなことがあったら、その時点で清水の残留などは夢物語である。下位直接対決もあるだろうから、むしろ横浜FCが頑張って下位戦線をかき乱すくらいが丁度良いのではないか。

 あと、清水より上のチームでは、ガンバ大阪が絶賛低迷中である。現時点で、清水より勝ち点が1つ多い状態であり、清水にとってこういうすぐ上のチームがいてくれることは、モチベに繋がって有難い。それにしても、前節、ガンバが札幌相手に披露したザル守備は酷かった。チーム事情は知らないが、なぜか昌子も三浦もディフェンスラインにおらず、致命的なミスを連発して、札幌のやりたい放題だった。下位の中では、現時点で、ガンバのチーム状態が一番悪いように思える。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

62

 明日はアウェー福岡戦。普通に考えれば、チームは前日に現地入りするだろうから、本日の静岡空港→福岡空港便で、空路福岡入りするということだろうか。福岡便は一日に何便かあるようだが、どの便なのかは不明。静岡空港のHPを見る限り、台風の影響で欠航とか遅延とかは出ていないようなので、無事に敵地に乗り込んでくれることだろう。

 (その後出た公式HPの福岡戦プレビューによれば、「試合前日の1日の練習は、台風の接近による移動への影響を考慮して試合前々日に移動し、福岡県内で行われている」ということだ。以上、補足まで)

 ところで、明日は久し振りに、夜ではなく、13:30キックオフと、昼の試合になる。これは選手にとっては結構大きな変化だろうし、それがきっかけで清水の運気が上がってくれたりするといいのだが。

 余談ながら、所長は19:00キックオフの試合が嫌いだ。夕飯を食うタイミングが無くなるのである。試合前に食べるには早すぎ、試合中は食事どころではなく、試合後に食べるには遅すぎるというね。なので、ナイトゲームの時期が過ぎ去って、ホッとしている。

 静岡も福岡も、昨日をもって緊急事態宣言が解除された。これを受け、福岡VS清水戦の観客上限は五千から一万に引き上げられ、アウェー席も設けられるとのことである。

 前節の福岡VS鳥栖戦を観てみたが、上限五千(完売)、アウェー席無しなので、福岡サポが完全ホームの雰囲気を作り出し、福岡の3:0勝利を大いに後押ししていた。しかし、清水戦はアウェー席もあるので、また雰囲気が変わるだろう。今、チェックしてみたら、上限を拡大しただけあって、アウェー席も含め、まだだいぶチケットは余っているようである。県をまたいだ移動もOKということになったことだし、皆さんももしよかったら、今からでも参戦を検討されてはどうか。

 というわけで、今日のところはアウェー遠征についての雑談だけにしておく。福岡戦の展望については、明日にでも書いてみたい。


よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

941

 個人的な日課として、相変わらず、残留ライバルチームの試合を中心に、J1の試合を1日1試合ずつ観る生活を続けている。残留ライバルたちの前節の試合はすべて観終わったが、清水にとって前節はなかなか良い節だった。下位で勝ち点3をとったのが清水だけだったので。

 ただ、ちょっと残念だったのは、湘南VS福岡戦が、試合終了間際まで湘南が負けていたのに、ラストプレーで湘南が同点弾を決め、引き分けになってしまったことである。あのまま湘南が負けてくれれば、清水と勝ち点3差がついたはずだったのに、惜しいことをした。

 それで、湘南VS福岡戦を観ていて、印象的だったのは、終盤の福岡の戦い方が、清水のそれとそっくりだったことである。つまり、相手に押し込まれながら、何とかブロックを組んでしのぎ、虎の子の1点を守り切ろうとするやり方である。最後の方は、クリア一辺倒で、なるべく遠くにボールを蹴り出すことに終始し、自分たちで繋ぐことなどは完全に放棄するという戦い方だ。しかし、最後の最後で守備が決壊し、結局勝ち点を落とすという、今季の清水に何度もあったパターンを、この試合で福岡は演じていた。残念ながら、今の清水よりも、福岡の方がはるかに完成度の高い好チームだが、似通ったところもあるなと、思わず苦笑いした。

 まあ、それもそのはずで、上のグラフに見る通り、福岡は現時点でJ1で最も支配率が低いチームだ。そして、下から2番目が清水。似通った現象が起きるのも、当然である。

 清水が、支配率の低い試合でしか勝てないのとは対照的に、福岡は支配率が高い試合でも低い試合でも勝ち星を挙げている。そういう違いはあるが、「高支配率ゆえに勝てているわけではない」という点で、両チームは共通している。

 清水VS仙台戦も、低支配率チーム同士の対戦だった。そして、案の定、支配率が48.8%と低かった清水の方が勝利した。ちなみに、今季清水が勝利した試合の中では、最も高い支配率(!)であり、いかにも持てないチーム同士の戦いという気がする。

 名古屋やFC東京あたりが、「低支配率、上等」と割り切っているのに対し、ロティーナ清水の場合はあくまでも、「持ちたいのに持てない」、「皮肉にも支配率が低い試合の方が結果が良い」状態だと思う。

 清水が何度も痛い目に遭い、湘南VS福岡戦でも裏付けられたように、ボールを持てないチームというのは、防戦一方になり、最終的に痛恨の失点を食らうリスクと常に隣り合わせなのである。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

E

 湘南が浮嶋敏監督を解任したのには驚いた。他チームのことを云々する資格も余裕もないが、最近の湘南は上向きだったし、このタイミングなのか?という驚きが大きかった。

 現在J1がプチ中断中なので、前節の各会場の試合を1日1試合ずつ観ている。昨日は、湘南VS浦和戦を(結果を知らずに)観た。事前には、「浮嶋監督が解任されたということは、浦和に圧倒されて、よほど酷い負け方をしたんだろうな」と思っていた。ところが、この試合は結局スコアレスドローで、内容的には上位の浦和相手にむしろ良く戦っていたという印象だった。

 湘南は直近が1勝2分であり、1勝はセレッソを5:1でコテンパンにやっつけたものである。これでも、解任されてしまうのか。結局、セレッソVS湘南は、両監督ともにその後解任されるという、いわくつきの試合になってしまったわけだな。

 浮嶋氏は、2019年の曺貴裁監督のパワハラ騒動の後、火中の栗を拾うような形で湘南の監督に就任した。確かに、降格の無い2020年は最下位だったし、今年も大型連敗もあったしで、苦戦は続いていたが、どう見てもそれは予算不足・タレント不足が原因であり、浮嶋監督自身は上手くやりくりしていたという印象の方が強い。しかも、チームは上向きだった。後任の山口智新監督は守備コーチだった人であり、この交代で湘南課題の得点力が上向くのかという疑問もある。セレッソの時にも申し上げたが、監督交代により、かえって降格のリスクが高くなるのではないかという気がする。

 いずれにしても、我々清水としては、危機感を新たにすべきだろう。清水よりも順位が上のセレッソや湘南が、監督交代という荒療治に出ているのである。今の清水は、本来であればとっくに監督が切られているはずの戦績であり、それでも今取り組んでいるサッカーが完成すれば活路が開かれるという前提で、我々は継続を選択しているのである。何としても、そのミッションを達成してもらわねば、困る。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

889

 個人的に、サッカー以外の五輪競技を、たとえテレビでも、観る予定はない。五輪期間中、J1のリーグ戦が中断するのはまあ仕方がないが、せめてJ2は開催し続けてほしかったな。清水ゆかりの選手も多いので、なるべくJ2もチェックしたいのだが、普段はJ1をフォローするのに精一杯で、J2の試合はダイジェストで眺める程度である。だから、J1が中断している間に、J2の試合があればぜひじっくり観てみたかったのだが、残念である。

 それでも、この週末には、今年初めて、J2の試合を、DAZNでフル視聴した。磐田VS山形である。磐田に関しては、もしかしたら金子が出場するかなという関心があったし、周知のとおり山形はクラモフスキー監督を迎えてから絶好調である。結果は、2:1でアウェーの山形が勝利した。

 山形がピーターを招聘するという話を聞いた時、個人的には、「山形さん、下手打ったな」と思ったものである。何せ、ピーターは、夢や希望を託すのなら結構だが、残留争いには甚だ不向きな監督というイメージだった。ところが、山形の戦績を見ると、ピーター前は3勝・5分・5敗だったものが、ピーター後は9勝・1分でいまだ無敗なのである。結果、上掲の順位表に見るとおり、山形は完全に昇格圏を射程に入れた形である。現時点で、J2で一番勢いのあるチームであることは間違いない。

 ピーターが就任して以降の試合を、フルで観たのは、今回の磐田戦が初めてだった。「勢いだけ、監督交代ブーストだけで勝っているのかな?」などと想像していたのだが、どうしてどうして、今の山形のサッカー、本当に素晴らしい。ハードワークに、高い守備意識。ビルドアップは巧みだし、フィニッシュの形も整備されている。

 こういうのを見せられるにつけ、「清水におけるピーターの大コケは、一体何だったのか?」と、考えさせられてしまう。2020年のピーター清水と、2021年のピーター山形が対戦したら、絶対に山形が勝つと思う。同じ監督で、ここまで結果が対照的とは、やはり巷間言われているとおり、清水の選手の質の問題なのかと、暗い気持ちになってくる。

 2020年のロティーナ・セレッソと、2021年のロティーナ清水も、サッカーはずいぶん違っているし、困ったことに、明らかに昨年のセレッソの方が強い。

 まあ、個人的な持論だけど、監督も、選手も、単純に能力を点数では測れない。両者の食い合わせや、経緯が大事なのだと思う。今の山形だって、恐らく元々素地は悪くなく、そこにピーターの持ち味が良いスパイスになって、結果が上手く行っているのだと思う。古い話になるが、長谷川健太監督がガンバで成功したのも、元々ガンバには西野監督が築いた高度な攻撃サッカーがあって、そこに健太氏が規律を持ち込むことで、良い塩梅になったのだと理解している(健太氏自身には特別な攻撃戦術などないので)。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

どうしてこうなった

 時々取り上げるけど、ウェブのサッカー情報「タグマ!」のサッカーパックの中でも、河治良幸さん責任編集の「サッカーの羅針盤」は、Jリーグ各クラブや選手に関する非常にディープな談義が披露される。有料だけど、それだけの価値はあるので、ご購読を検討されてはどうか。

 そのサッカーの羅針盤で、河治さんと元川悦子さんが、「J1中間観測」という長大な対談を行っている。当然、ロティーナ清水についても語られているので、以下で両者が清水について語っている部分の骨子だけ紹介することにする。

  • ロティーナ清水は良い試みをしており、最終的な評価はシーズン後になるが、清水のようなところでは、オフザピッチから寄せられるパワーにオンザピッチの結果が付いてきてないと、辛いところがある。
  • ロティーナが清水で時間がかかるのは最初から分かっていたが、怪我人の発生などでさらに難しくなっている。
  • セレッソが上手く行き出したのがゴールデンウイーク明けだったから、「うちだったらもっとかかる」と兵働も言ってた。セレッソは松本戦で瀬古を初めて使ってそこからぐっと上がって行ったというパターンで、そういうきっかけが必要。
  • 開幕の鹿島戦で勝っちゃったので、期待感が高まったけど、ロティーナは1つハマったからイケイケどんどんと言うサッカーじゃない。
  • 鹿児島キャンプで、一見、早い段階で設計が上手く行っていたかのような印象があったけど、ロティーナのサッカーにフィットしていた選手、特に片山、原が軒並み負傷したのが痛かった。
  • 原などは鳥栖でキム監督に5レーンを叩き込まれていたので、ロティーナ戦術も一番理解しているかのように、最初から立ち位置が巧みだったのに。
  • 原、片山、鈴木義宜あたりの早期フィット組に頼りすぎたところはあった。最大の理解者である片山をマルチで動かして、そこから理解者を徐々に広げようとしたのかもしれないが、結果的には失敗したのかもしれない。
  • サンタナなどは開幕から頑張ってるが、逆に休ませたくても休ませられないという事情か。サンタナは孤軍奮闘でかわいそうで、もうちょっと周りがサポートをして、ボックス内の力を発揮させてあげたい。
  • 開幕からのコンディションを維持しているのは中山くらいで、さらにブレイクする可能性がある。

 個人的にちょっと評価が違うところもあるが、このお2人はちゃんと見ている人たちだなと、感心する。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

52

 名古屋戦のあと、ロティーナ監督は、「(名古屋との差は)1ヶ月や数ヶ月で埋まるような差ではないと思う」とコメントした。まさにその通りであろう。

 ただ、それと同時に、所長が個人的に思うのは、「マッシモ・フィッカデンティ監督就任直後の名古屋も、相当酷かったけどな」ということだ。

 そこで、2019シーズン途中に、マッシモが指揮を執る前後の、名古屋の戦績を振り返ってみよう。上の表がそれである。この年、名古屋は風間監督の下でチームは崩壊状態に陥り、夏までには完全に残留争いに巻き込まれた。そして、9月13日に我が清水に引導を渡され、風間氏は解任となったわけである。

 大量失点が続いていたので、名古屋が白羽の矢を立てたのは、守備構築に定評のあるマッシモ・フィッカデンティだった。その結果、名古屋は風間時代から一転して守備的になったが、失点禍は収まらなかった。マッシモ就任後の名古屋の成績は、1勝・3分・4敗。こうして、この年、名古屋はほうほうのていで何とか残留したが、フィッカデンティ監督の手腕には疑問符が残ったのである。

 ところが、翌2020シーズン、名古屋は本当に堅守のチームとなり、リーグ最少失点を達成して、3位と躍進する。ドン引きという印象だった2019シーズン終盤から、攻撃力も加味され、バランスの良いチームになった。

 願望込みで考えれば、現時点のロティーナ清水は、2019シーズン終盤の、マッシモ名古屋のような状態と言えようか。チームスタイルを大きく変えようとする時には、たとえ守備構築に定評のある指揮官が就任したとしても、一朝一夕に堅守が達成できるわけではない、という。

 まあ、気休めの、安心理論だけどね。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

29

 今日はこれといったネタもなく、雑多なつぶやき程度だけど。

 先日のルヴァン広島戦、改めてダイジェストを眺めると、清水と広島では、球際、ピンチの時の相手への寄せ、打たれた時に体を投げ出してブロックする姿勢とかが、違うように見える。どんな監督がどんな戦術をとろうとも、最終的に勝敗を分けるのはそういうところであり、清水にはまだ昨年までの甘さが残っているということだろう。

 J2に目を転じると、現在の順位表は上掲のとおりとなっていて、上も下もなかなか厳しい戦いだ。果たしてジュビロは昇格争いに割って入れるのか。てか、最近テセ出てないね。清水色が濃い北九州は、このまま終わるということはなく、上位争いは難しいにしても、中位くらいには上がってくるのではないかと思う。

 それで、低迷するモンテディオ山形には、何とピーター・クラモフスキー氏が新監督に就任するようだ。ただ、オーストラリアに帰国でもしていたのか、すぐには指揮をとれないようで、しばらく暫定で行くらしい。

 山形さん、ずいぶんな博打を打ったね。今季のモンテは、得点も失点も少なかったから、その色を一気に変えようというわけか。出入りの激しいスコアになりそうで、降格回避というミッションに適しているかは微妙。ただ、逆にモンテがV字回復を果たしたら、「昨シーズン、ピーター清水が崩壊したのは、監督ではなく清水の選手たちが原因だった」ということが証明されてしまうわけで、ドキドキが止まらぬ。J2でまた一つ注目しなければならないクラブが増えてしまった。

 J2にもJ3にも、清水ゆかりの人たちがたくさんいて、今季はJ2やJ3もじっくりウォッチしたいなどと考えていたのだが、現実にはJ1の試合をフォローするだけで精一杯だ。ちなみに、所長は一周回って、J2では群馬を応援しています。ガンバレ、大前(笑)。

 にしても、最近のマリノスの試合を観ていると、ああ、清水もクラモフスキー体制が開花したらよかったのにと、本当に思う。まあ、「死児の齢を数える」というやつか。せめて山形では頑張ってくれよ、ピーター。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

 昨日、「ロティーナはスロースターター “産みの苦しみ”経て見えてきた清水のサッカー」という記事を目にした。

 8節を終わって2勝2分4敗。勝ち点8。清水のロティーナ新監督への期待が大きかっただけに、少々ガッカリしているサポーターも多いだろう。ただ過去の記録を調べてみると、それは産みの苦しみのようなものだということが理解できるはずだ。

2016年 東京V 2勝1分5敗
2019年 C大阪 2勝1分5敗

 過去2度の就任直後の8節までの成績と、現在の清水の成績がおもしろいまでに似ている。つまりロティーナ監督は、就任直後にロケットスタートを期待するタイプの監督ではないということだ。その上で手腕は折り紙つきで、結果を残すことに非常に長けている。

 なるほど、と思い、実際に2016年のヴェルディの開幕当初の戦績をチェックしてみた。8節までではなく、せっかくなので、第10節までを拝見すると、以下のようになる。なるほど、序盤はあまり勝てていない。

831

 しかし、良く考えてみると、この記事は根本的に間違っている。2016年のヴェルディは冨樫剛一監督である。ロティーナが就任したのは、翌年の2017年だった。失礼ながら、かなりお粗末な単純ミスだ。

 それでは、ロティーナが就任した2017年、ヴェルディの開幕から10節までの戦績が実際にどうだったかというと、以下のとおりである。ロティーナ・ヴェルディの船出は、6勝4敗だった。したがって、「ロティーナが常にスロースターターである」というのは、明白な誤りである。

832

 一方、2019年にセレッソに移ったロティーナが、最初苦戦したのはそのとおりである。ロティーナ・セレッソの最初の10試合は、以下のように、3勝2分5敗だった。10試合目くらいからようやくエンジンがかかり、そこから勝率がぐっと上がった。

833
よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

 昨日、「Jリーグ、プレミア化 最上位リーグ新設、外国人枠撤廃など検討」という気になるニュースが流れた。「プレミアリーグ構想は、J1の上位にあたる新リーグを新設。参加クラブをJ1の18クラブ(今季はコロナ禍で20クラブ)から、10~14程度に減らす案だ。頭打ちが懸念されるリーグとクラブの経営規模を拡大する案として注目している」という話である。こんなバカな案が、よもや通るとは思わない。しかし、Jのトップクラスで生き残ることが、ますます難しくなっていくことは、間違いない。清水も、サッカーの競技としての強さと、経営の強靭性を、身に着けておかなければ、脱落することになる。

 そうした観点から、清水の根本的な弱点は、スタジアムである。山室社長も、清水の一番の弱みはスタジアムで、このの問題ではJ1の中で清水が一番遅れており、自分がいるうちに何としても道筋をつけたいとはっきり述べていた。

 清水として、見習うべき先例に、広島のケースがある。清水と広島の共通点は、市の行政がクソであることだ。それでも、広島の場合は既存のエディオンスタジアムの立地等があまりに酷く、サンフレッチェが3度もリーグ優勝するという説得力もあり、ようやく行政を動かして、新スタが実現しようとしているわけである。広島と清水は、クラブの規模感がだいたい同じくらいなので、大いに見習いたいところである。

 こちらのニュースが伝えるところによれば、昨日30日、広島の新スタ建設を進める事業者の選定に向けた審議会が開かれ、参加者がプレゼンテーションを行ったということだ。広島市中区にある中央公園広場に建設されるサッカースタジアムは2024年に完成する予定で、整備費は約257億円。いいなあ、3年後か。上掲の動画が、新スタのイメージを掴みやすいので、紹介してみた。

 ホントに、この新スタジアムの問題で、これ以上惰眠をむさぼり続けると、我が清水はJ1の他のクラブに、取り返しのつかないほど置いていかれるぞ。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

penetrate

 今季のJ1順位予想で、所長はベガルタ仙台を、16位に挙げておいた。つまり、ギリギリ残留という線である。どう考えても予算・戦力的には厳しそうだが、震災10周年の年に、あの手倉森氏がチームをJ2に落とすことはあるまいという、どちらかというと精神論的な観点から、「ギリギリ生き残るのではないか」と予想した次第である。また、残留争いでは、これまでJ1で戦ってきた経験が物を言うはずであり、徳島、福岡といった新加入組よりも、仙台などのJ1経験が豊富なチームの方が有利だろうと考えたわけである。

 しかし、今季ここまでのところ、昇格組の徳島、福岡などの方が元気で、仙台はいまだに公式戦未勝利。ホームでの勝利となると、2019年の11月から遠ざかっているらしい。まあ、他方で清水は、仙台の地でもう何年も勝っていないということであり、果たして本日のルヴァン第2節、どうなるだろうか。

 ルヴァン第1節のアウェー広島戦は、清水は選手を入れ替えて臨んだけれど、今日は前後の試合間隔が空くから、ベストメンバーだろうね。権田不在でGKは永井のはずで、万能守備職人の原も欠けることになるけど、それ以外は勝つために最善の布陣で臨むはずだ(ヴァウドが回復しているかどうかは不明)。ただし、これまで出場機会が少なかった金子や西澤が、柏戦で良い働きをしたので、結果を出した選手を続けて使ってみたりすると、チーム内の競争が高まっていいかもしれない。

 ところで、仙台と言えば、昨年は木山隆之氏が監督を務めており、こちらのインタビュー記事の中で、木山さんが清水コーチ時代について気になることを述べている。有料メディアであり、ご興味がある方はぜひご購読を検討していただきたいが、清水に関連した部分だけ抜粋の上、引用させていただく。

 一回、水戸の監督を自分から辞めて清水に、敢えてコーチになるために行ったんですよね。で、1年やったときに「俺は向いてない」と(笑)。アフシン・ゴドビ監督と一緒に仕事をさせてもらったんですけど、まったく信用してもらえなかったです(笑)。「せっかく監督を辞めてコーチとして勉強したいと思って来たのに、なんでこんな仕打ちをされるんだ」と思ったけど、コーチとして向いている人は、どんな状況であっても監督の懐に入っていけて、自分を押し殺してでも監督を支えられる。あの頃はまだ若かったし自分にも自信があったし、すぐに監督の右腕になれると思って、信頼を得る前に懐に入っていこうとしちゃったんですよね。でも彼は外国の人だったし、彼自身の生い立ちも含めてそんなに簡単に人のことを受け入れて信用するタイプの人ではなかった。そこを僕はあまり気にせずにトントントンと踏み込んでいったので、壁をドーンと作られちゃって。で、「俺はコーチに向いてない。俺は監督で食っていこう」と(笑)。


よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

news_326044_1

 ワクチンが摂取され始めたとはいえ、新型コロナの影響はまだまだ大きく、Jリーグの日程にも影響するかもしれない、いくつかの動きがある。

 周知のとおり、ガンバ大阪でクラスターが発生、ガンバは開幕戦こそ実施したものの、第2節から試合が延期されており、3月の残り試合もすべて延期が決まっているようだ。

 そして、そのガンバも出場するACLは、当初、東地区は4月21日から5月7日にかけてグループリーグを行う予定だったが、6月から7月に延期されることが決まった。こちらの記事は、以下のとおり伝えている。

 Jリーグでは今季、ACLに出場する川崎フロンターレ、ガンバ大阪、名古屋グランパス、セレッソ大阪(プレーオフから出場)のリーグ戦を前倒して開催し、大会期間の日程を空けていた。だが、昨季に続いて突然の延期発表が行われ、またしてもリーグ戦日程の再編が避けられなくなった。11日、日本サッカー協会(JFA)の理事会後オンライン会見に出席した田嶋幸三会長は「良い日程を探さないといけないし、G大阪さんのことを考えると、どこにどう入れていくかはパズルになってしまう。これから東京五輪もあり、W杯予選も佳境になるが、みんなで協力して難局を乗り越えないといけないと思っている」と述べた。

 う~む、ガンバの件は気の毒だと思うし、他の出場3チームにも配慮は必要だろうが、ACLのために、J1全体の日程を、また練り直すというのは、どうなのかな。上記は、あくまでも田嶋会長発言で、Jリーグの見解ではないと思うが。

 ちなみに、関連する動きとして、昨日AFCは、ワールドカップ・カタール大会アジア2次予選を5月31~6月15日に組ごとで集中開催し、F組の試合は日本で実施すると発表した。まあ、もともとこれはインターナショナルマッチウイークで、J1は中断期間だったから、これによるJ1日程への影響はないか?

 ちょっとだけ、希望の持てる話もある。緊急事態宣言解除後も、外国人の入国制限は続くが、昨日明らかになったところによると、Jリーグの外国籍選手については、特例扱いでの入国許可を、政府が検討しているという。そして、こちらの記事が、以下のように伝えている。

 政府が、外国人の入国ルールの中で「特段の事情」を適用しての許可を検討していることがわかった。Jリーグでは、来日できない選手やスタッフが約50人いる。緊急事態宣言が解除後、1週間ほどで入国できたとしても、2週間の隔離期間が課されるため、すぐにはクラブの練習に合流できない。そこで来日した外国人選手のため、福島・Jヴィレッジを合同練習会場として提供するプランを持っている。感染予防や移動リスクの観点からも、Jヴィレッジ1カ所に集め、管理下でコンディションを上げられることは好都合。チームに合流後、すぐに順応できるメリットもある。既に開幕しているJ1、J2では、22日に緊急事態宣言が解除されたとしても、開幕からリーグ戦8~9試合を消化したタイミングで今季の陣容が整う形となりそうだ。

 清水は、来日できていないのはマテウス一人だけで、もっと困っているチームもあるので、清水が現状で特に大きな不利益をこうむっているわけではない。しかし、マテウス、せっかく入団したのに、いまだにチームに合流できず、なんだか一人だけ仲間外れみたいで、気の毒でならない。早く、本当の意味で、エスパルス・ファミリーに加えてあげたい。そう思うと、昨日伝えられた上記のニュースは、希望の持てるものだ。

 ところで、日程という観点から言えば、やはり最大の不確定要因はオリンピックだと思うのだが、果たしてどうなることやら。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

eg

 すでにシーズンに突入はしているが、当S研では評論家の順位予想というものにこだわっており、今回は専門紙『エル・ゴラッソ』のJ1各クラブ担当番記者20名による順位予想を、改めて清水目線で整理しておきたい。

 それが上表であり、いつものとおり清水のところをオレンジ色で示した上で、清水の順位が上の順に整理してみた。それと同時に、今回は、それぞれの番記者が自分の担当チームをどのように予想しているのかを、青色で示した。すでにお伝えしたとおり、清水担当の田中芳樹さんは清水を優勝予想しているので、その部分だけオレンジ背景・青文字で示した。

 改めてこうやって整理してみると、番記者の予想というのは必ずしも客観的な分析だけでなく、やはり自分の担当チームをどうしてもひいき目で見てしまう傾向があることが分かる。というか、担当チームを降格予想などしたら、仕事をしにくくなるだろうし、実際今回20人の番記者でそんな大それたことをしている人は一人もいない。苦戦が予想されているチームでも、番記者はどうにか良い材料を見付け、好意的に評価しておくものなのだろう。

 ただ、Jリーグをつぶさに見ている人たちなだけに、自分の担当チーム以外では、全般にかなり鋭い見方をしているのではないか。たとえば、セレッソ、神戸、浦和といったいわゆるビッグクラブでも大胆に下位予想しており、その点では名前の売れた著名な評論家よりも忖度の必要がなく、自由なのかもしれない。

 その一方で、意外にも、自分の担当クラブを首位予想している人は、清水担当の田中芳樹さんを含めて5人しかいない(名古屋の番記者が名古屋を8位予想とか、ウケるんですけど)。今回、「勝負」をかけた田中芳樹さんに恥をかかせないためにも、チームは上位躍進を果たしてほしいものだ。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

img

 五月雨式で、申し訳ない。澤登氏が昨晩、報道ステーションに出演し、J1順位予想をしたというので、録画してあったのを観てみた。順位予想は以下のようになっている。

  1. 鹿島
  2. 川崎
  3. FC東京
  4. 名古屋
  5. ガンバ
  6. 広島
  7. セレッソ
  8. 清水
  9. 横浜Fマリノス
  10. 浦和
  11. 神戸
  12. 札幌
  13. 徳島
  14. 仙台
  15. 横浜FC
  16. 大分
  17. 湘南
  18. 鳥栖
  19. 福岡
よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

ad

 昨日は、順位予想をしない評論家はシュートを打たないFWと同じだと指摘し、順位予想から逃げている連中のことを嘆くようなことを申し上げた。そしたら、開幕の直前になって、昨日あたりから、また順位予想ラッシュというか、いくつかのメディアにJ1順位予想がたくさん発表された。当S研では、既存の予想はすでに整理しているので、本日は、新たにスポルティーヴァ、東スポ、日刊スポーツに掲載された予想を追加で整理しておくことにする。上表のように、3つのメディアに分け、清水の順位が高い順に並べてみた。

 それにしても、有識者の中では、河治良幸さんなんかは、かなり早い時期に、潔く順位予想を発表していた。それに比べると、移籍の最新情報や、ゼロックス・スーパーカップの結果まで踏まえて、さらには(おそらくは)他の人の予想も参照しながら、昨日あたりにようやく順位予想を出すのは、後出しジャンケンの感もなきにしもあらずである。

 上表のとおり、相変わらず清水についての評価はバラけている。ただ、玄人が寄稿しているSportivaでは清水の順位が全般に高いというのは、我々にとっての救いだ。かの杉山茂樹氏にしても、クラモフスキーからロティーナへの政権交代を節操がないと指摘しながらも、その結果、清水の順位は上がると見ている。順位が上がるのにDisるとはこれいかにという気もするが(笑)、まあどの専門家も似たようなコメントが多い中で、杉山氏のようにクセのある論議を披露してくれるくらいの方が、個人的には楽しいと感じる。

 東スポ、ニッカンの予想は、デスクや記者たちの予想であり、全般的に清水についての見方は厳しく、降格予想もある。そうした中で、古地真隆氏が清水を3位に予想してくれているが、この方は清水を担当している記者である。サッカー担当歴は4年だそうだ。「巻き返しを図る清水は大型補強に成功。各ポジションに実力者がそろった。ロティーナ体制でクラブ初のACL出場権を目指す」とコメント。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

new

 かつてイビチャ・オシムは、「順位予想をしない評論家は、シュートを打たないFWのようなものだ」と述べたことがある。まあ、もちろんそんなことは言っていないが(笑)、最近思うのは、具体的な順位予想を示すのを避けようとする評論家が多いということである。順位予想から逃げて、漠然とした「今季の展望」といった話しかしない連中が多すぎる。それでは面白くないのである。そう考えると、仮に正鵠を射ていなくても、評論家が予想をしてくれるだけで、その勇気を称えるべきだ。なので、当S研では、仮に清水を下位予想したとしても目くじらは立てず、予想を示してくれたすべての有識者にリスペクトを込めてお届けしようと思うわけだ。

 当S研では先日、『サッカーダイジェスト』に掲載された全有識者の順位予想を整理し、清水の順位が高い順にまとめた一覧表をお目にかけた。その後も、様々な媒体で専門家による順位予想が示されるたびに、それを追加する作業を続けてきた。これまでに、『サッカーダイジェスト』に加えて、6名の順位予想を把握したので、本日はそれを新たに追加した一覧表を、上に見るとおり掲載することにする(拡大してご覧ください)。城彰二氏の予想なんて、かなり真に迫っているのではないだろうか。

 さて、今回、新聞『エル・ゴラッソ』の最新号で、毎年恒例のJ1各チームの番記者による順位予想というのが出た。ただし、各チームの番記者20名を全員取り上げると、収拾がつかなくなってしまうので、清水の番記者である田中芳樹氏のみ一覧表に追加することにした。番記者なので、自分の担当チームをひいき目で見たくなる傾向はあるだろうが、必ずしも各チームの番記者が担当チームを熱烈に推しているわけでもない。そうした中で、田中氏は堂々と、清水を優勝予想してくれている。ちなみに、田中氏による今季の得点王予想はチアゴ・サンタナ、注目選手はMF中山克広ということである。

 なお、『エル・ゴラッソ』の全番記者による予想を集計した総合成績では、清水は9位ということになっている。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

bb

 長谷川健太氏が「タイトルは一つ取れば勝手に寄ってくる」といった趣旨のことを述べ、一部で話題になっている。正確には、こちらに見るように、1月4日にFC東京がルヴァンで優勝した後に、「まずは、タイトルを取らないとタイトルが集まってこない。お金と一緒だと思っています。獲るまでは大変ですが、取ったことによって、またほかのタイトルが近寄ってくる。まずひとつ。なんでもよいから国内3大タイトルを獲得したいと思っていました。それがガンバ大阪の時にも最初に獲ったこのカップ戦のタイトルでした。ルヴァンカップをまず最初に獲れたというのは縁があるんだなと感じています」と述べたということである。

 健太氏は、ガンバの時の経験から、タイトルは一つ取れば勝手に寄ってくると認識しているのだろう。ただし、そこには、それとは裏返しの経験がある。清水監督だった時に、タイトルに手が届きそうで、結局届かず、終わってみれば無冠に終わったという苦い経験と、それとは逆にガンバでは芋づる式にタイトルがとれたという成功体験が、一対のものになっているのだろう。まったく、俺たちのクラブを踏み台にしてんじゃねえよ、バカヤロー。

 昨日は、シーズンの到来を告げるゼロックス・スーパーカップが行われ、川崎がガンバに勝利。2点差を追い付かれながら、試合終了間際に小林悠が決勝ゴールを奪って勝ち切り、今年も川崎強しと印象付けた。この勝ち方だって、過去4年ほどでタイトルを取りまくってきた川崎だからこそ、終了間際にあんな形で決勝点が奪えるのだろう。「お金は寂しがり屋だから、お金のあるところに集まってくる」なんて言った人もいたが、ホント、サッカーのタイトルもそうだ。まあ、今の川崎にとってみれば、ゼロックス・スーパーカップで優勝しても、道端で10円拾ったくらいの嬉しさしかないだろうが。

 健太の言葉じゃないけど、まずはカップ戦でタイトルという考え方もアリで、そう考えると、清水も今季のルヴァンを大事にしたいものである。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

sc1

 昨日申し上げたとおり、個人的には初めて、単体としてJリーグ選手名鑑を購入してみた。それで、エルゴラッソの選手名鑑には、アプリも付属しており、それをインストールした上で、雑誌に封入されているパスワードを入力すると、モバイル版の選手名鑑を使えるようになる。上は、一例としてヘナトのページを見たものである。紙の雑誌よりもモバイル版の方が見やすい気もするし、常に持ち歩けるので、かなり便利である。

 それで、このモバイル・アプリ版のうたい文句は、「シーズン中の移籍も網羅! 最新情報をアプリで更新!」というものである。シーズン中にも選手の移籍があり、年に一回の紙の情報では古びてしまうところ、それをデジタルで補っているわけだ。

 ただし、ちょっと意地悪かったかもしれないが、一昨日発表された金森選手の鳥栖→福岡の移籍がもう電子版では反映されているのかと思ってチェックしてみたら、まだ鳥栖のままだった(笑)。まあ、数日くらいのタイムラグはしょうがないか。

sc2

 それから、この名鑑を買うと、新聞の『エル・ゴラッソ』電子版1ヵ月分が無料で読めるクーポンもついてくる。ただ、退会するのを忘れると、自動的に課金され始めるようなので、ちと恐ろしい。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

2021J1

 先日、『サッカーダイジェスト』に載った専門家30名のJ1予想を整理してお見せしたが、その中で清水を16位と最も低く予想していたのが松木安太郎氏だった。そして、昨日松木氏の順位予想がネットニュースで配信されたものだから、それを見て反応したサポさんも少なくなかったようである。「サッカー専門家というよりコメディアンだろ」、「地上波で代表戦を居酒屋解説するしか能がないくせに」といったネット書き込みが見られた。

 しかし、皆様、忘れておられないだろうか。実は、当S研がお送りする「2019年評論家リーグ」で、下表に見るように、松木氏がトップになったことがあるのだ(笑)。詳しくは、「2019評論家リーグは衝撃の結末 松木安太郎氏が優勝」というエントリーをご覧いただきたい。だから、「松木氏はインチキで、彼の予想なんか当てにならない」とは、言い切れないのである。

 まあ、とはいえ、2020年に16位だった清水が、監督交代、路線転換、日本代表を含む多くの有望選手獲得を経て、それでも2021年に同じ16位というのは、いくら何でもおざなりな予想だ。たとえば、「清水は堅守構築に定評のあるロティーナに代えたが、年間70失点チームの清水を立て直すのはロティーナをもってしても無理」などと指摘されるのであれば、それはそれで重く受け止めようと思うが、今回松木氏は清水のそうした転換にまったく注意を払わず、昨年までのイメージだけで16位に予想しているように思えてならないのだ。

 今の時点で言えるのは、「いまだに清水を下位予想する評論家がいるくらい、とにかく近年の清水は駄目だった。それを覆すのは、これからの躍進しかない」ということである。

16fb4b67
よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

penetrate

 『サッカーダイジェスト』に出た有識者30名のJ1順位予想を先日ご紹介したが、今年は例年以上に撹乱要因が多い。コロナがいつ頃落ち着いてくれるか。それとも関連して、ACLはそもそも開催されるのか? 東京五輪はどうなのか? W杯予選はどうなるのか? 以前も申し上げたと思うが、JのチームがACLに出ると国内リーグ戦の勝ち点が5くらい減るダメージを負うと思うのだが、昨シーズンのように変則日程でACLのしわ寄せがさらに大きくなると、勝ち点10くらい減るダメージが生じると思う(もちろん、勝ち進めば進むほどダメージは大きくなる)。だから、2021年のJ1の順位予想も、「ACLがあるケース」と「ACLがないケース」と、2パターン用意した方がいいくらいだろう。

 まあ、個人的な予想としては、ACLは8割方、やるんじゃないかな。それに対し、オリンピックがこの夏に開催される可能性は、4割くらいか。五輪中止が早く決まってくれれば、そこにもリーグ戦の試合を組み込め、楽になるのだが。

 とか何とか、色々言っておりますが、ここで当S研による順位予想をお目にかけることにしたい。1位の清水は例によって客観的な予想というより願望だが、あとは真面目に予想することにする。一応、ACLがある前提。

  1. 清水
  2. 川崎
  3. 鹿島
  4. 名古屋
  5. FC東京
  6. マリノス
  7. 札幌
  8. 広島
  9. ガンバ
  10. 浦和
  11. 大分
  12. 神戸
  13. セレッソ
  14. 横浜FC
  15. 仙台
  16. 鳥栖
  17. 湘南
  18. 福岡
  19. 徳島

 S研予想のポイントは、ガンバ、浦和、セレッソあたりを、世評よりもだいぶ厳しく見ていることである。ガンバは、完成度の割には2020年に上手く行きすぎたので、ACLというハンデを背負うこともあり、2021年は逆に苦戦すると見る。浦和は、柏木事件に見るように、チームとして負のスパイラルに陥りつつあるとしか思えず、新監督の下で新しいサッカーを模索するので、今季の躍進は困難では。セレッソは、やらかしの気配プンプンで、下手をすれば降格までありうるのではないか。神戸も、今年はミキティがモバイルと野球(マー君)に投資を集中せざるを得ないので、サッカーがお留守になっており、厳しい戦いに。横浜FC、仙台などは、監督力でどうにか残留か。徳島は、ロドリゲス続投だったら面白かったのだが、監督交代の上に新指揮官が合流できないとなれば、やはり厳しかろう。以上、お粗末でした。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ