エスパルス研究所

清水エスパルスの躍進と新スタジアム建設に向けた考察

カテゴリ: エスパルス

1806

 今季、J2リーグ戦で仙台から3得点を奪ったのは、清水が初めて。他方、今季の仙台は最高でも2得点であり、そのチームから2失点するのも、どうかしてる。

 まあ、秋葉清水というのは、そういうチームなのかもしれないな。今回の仙台戦では、前半に押し込んだ時間帯もあったものの、押し気味の展開からはなかなシュートに持ち込めない。

 結局、今回の1点目のようにロングボールから活路を開くか、あるいは2点目のようにハイプレスで奪って一気に敵ゴールに迫るか。ポゼションからフィニッシュに持ち込む形を持っていないチームだけに(乾先生が欠場であればなおさら)、こういうカオス的な試合の方が、勝つ確率は上がるのかもしれない。

 清水のボランチとかディフェンダーが食いついて、それをはがされ、一気に数的不利で大ピンチに陥ったりするのを見ていると、なんでこんなリスクのある戦い方をしているのかと、疑問にも感じる。しかし、落ち着いた試合展開では、仙台のようなチームは崩せず、ロースコアになり、ドローに終わってしまうリスクもある。

 というわけで、完封勝ちできないのはどうもスカっとしないが、こういうリスクを背負った戦い方だからこそ、今季のドローは1回だけで、勝ち負けがはっきりつき、結果として勝ち点を積み上げられているのだろう。


よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

1496

 こう言っちゃなんだけど、こんな酷いサッカーで、よく首位に立ってるよね。

 最初の10分は楽しかった。「こりゃ今季初の娯楽コースか(笑)」と思った。しかし、序盤相手が上手く試合に入れていないところを突いて、ポンポンと得点を奪ったものの、やはり個人のひらめきによるところが大きく、チームとして再現性のある攻撃だったかというと、やや疑問で。実際、その後は相手が出口を見付け、清水側にとっては食いついてははがされて運ばれ、ゴール前で危険なシーンを作られる連続となった。

 その意味では、自分たちのやりたいサッカーを組織として表現できていたのは、いわきの方ではないかと思うわけである。

 清水のコーナーキック守備、ファーサイドの人口密度が薄すぎて、あそこを狙われたら危ないなと前から思っていたが、やはりいわきさん、あなたたちもそう思いましたか。

 僅差の試合を粘り強くものにできるようなチームになったと褒めるべきか、そういうギリギリの勝ち方しかできなくなったと嘆くべきか。う~む。勝ってりゃ、そのうち内容も伴ってくるのかね。


よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

1793

 今年の清水の特徴として、今のところ、大量得点で勝った試合がないことが挙げられる。最高で3得点。点差も、2点差が最大。粘り強く勝てるようになったのはいいが、本音を言えば、たまには大勝も見てみたいものである。

 そういう観点から言うと、次節いわき戦は、昨年ホームで9得点、アウェーでも7得点したゲンの良い相手。今季初めて、大量得点でスカッと勝ちたいところだが、どうだろうか?

 結論から言うと、簡単ではないだろう。大勝どころか、勝つだけでも簡単には行くまい。いわきは昨シーズン途中に村主博正監督から田村雄三監督に交代し、かなり現実的な戦い方に変身した。まあ、それでも清水には7点とられて負けたわけだが、今季にかけてチームは成熟しつつあると見る。

 今季のいわきは、前節横浜FCに2点とられたのが最大であり、それ以外は1失点以内に抑えている(上の表参照)。だいぶタイトなチームになった。攻撃面でも、時折見せる大胆なクサビの縦パスが効果的であり、西川潤など個の力もある。

 昨年のイメージでなめてかかったら、痛い目に遭いそうだ。


よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

1790

 去年と比べ、開幕ダッシュはできたし、チームの方向性みたいなものは定まってきたし、勝負強くはなったような印象ではある。今回の甲府戦のような厳しい試合をものにできるようになったのは、成長を感じなくもない。しかし、全体として、67分に乾を投入するまでは、攻撃面で何もできなかったなという印象だ。

 前の徳島戦も、この甲府戦の67分までも、攻撃面では、ゼ・リカルド時代の悪い頃の清水と全く同じだった。ある程度ボールを持てても、効果的に前進はできない。たまにアタッキングサードに入っても、ボールが来てから「さぁてと、何しようかな。どこが空いてるかな」と考え始める感じで、崩すイメージが全く無いし、増してや共有もされていない。失わないことを優先し、リスクを冒さない。

 その点、やはり乾は違った。ボールが来てから「さぁてと、何しようかな。どこが空いてるかな」と考え始めるのではなく、豊富な経験と普段からの脳トレと広い視野で、敵の急所を突くプレーを瞬時に選択でき、それを実行する技術もある。ジェラの決勝点をアシストした絶妙な折り返しに、それが集約されていた。

 考えてみれば、去年リカルドから秋葉監督に交代して、清水が急に点が取れるようになったのも、前政権では出場機会が少なかったり、出てもサイド起用だった乾を、トップ下起用してはまったからであり、チームとしての攻撃戦術が改善したわけではなかった。その証拠に、乾が出場した試合と欠場した試合では勝率や得点数が段違いであった。

 これは冗談ではなく、本気で言うのだが、秋葉監督やチームメイトたちは自分たちが未熟なのだから、せめて乾にイエローカードが出ることだけは全力で阻止すべきである。今回の甲府戦でも、乾がPKをとってもらえず、「あ、これは本人がレフリーに食ってかかって、イエローもらうやつだな」と瞬時に判断をして、羽交い締めしてでも乾を止めなければならない。誰もそうしようとしないところを見て、ああ去年の教訓が全然生かされていないなと、情けない気持ちになった。


よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

1786

 今の徳島は、単に成績が低迷しているだけでなく、クラブが組織として崩壊した状態である。前節から間もないこともあり、普通に考えれば、まともなサッカーができるはずはない。しかし、そういう変な状態のチームを相手に取りこぼすのが、これまた清水というチームであり、先方の吉田監督交代をはじめとする内紛は悪いフラグにしか思えず、嫌~な予感を抱いていた清水サポも多かったことだろう。

 蓋を開けてみると、前半こそ、まったく機能しない徳島を相手に、清水が優勢に試合を進めた。しかし、後半になると、先方に変なブーストがかかり、逆に圧倒される展開となった。

 この試合で目立ったのは、今季まったく得点の匂いがしなかった清水のセットプレーが、今回に限ってはチャンスに繋がり、実際にコーナーから先制点を奪ったことだった。ただ、清水のセットプレーの質やスカウティングが改善したのか、それとも徳島のセットプレー守備がお粗末だったのかは、微妙なところである。清水のコーナーキック、フリーキックは非常に多かったので、セットプレーから運良くもう1点くらいとれれば、勝ち切れたかもしれない。逆に言うと、流れの中からは、相変わらずポケットをえぐるような効果的な形はまったく見られず、期待感が低かった。

 個人的には、2点目をとらないと絶対に追い付かれると思いながら後半を観ていたのだけど、秋葉監督は大丈夫だと思ったのかね? 確かにメンツ不足は否めなかったけど、2点目を奪いに行く積極的な交代策は封印。アディショナルタイムに追い付かれ、そこで慌てて北爪とタンキを投入し、中途半端なパワープレーに終始して、結局後半シュートゼロだったというのは、お粗末なベンチワークに思えた。


よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

GD

 今さらながら言わせてもらうが、今季のエスパルスに関し、所長が個人的に掲げていた目標は、

 無敗優勝

 だった。2003/04シーズンのイングランド・プレミアリーグで、アーセナルが無敗優勝したことがある(26勝・12分・0敗)。そのぐらい、絶対負けないチームを見たかった。

 「J2を甘く見るな」と、お叱りを受けそうである。むろん、J2もそう簡単ではないことくらい、頭では理解している。でも、個人的には、とにかくそのくらい、無敵でいてほしかった。夏くらいでもう自動昇格が決まってしまい、「なんだ、つまんない」と思うくらい、無双してほしかった。

 無敗優勝という夢は、第3節にして早々に砕け散り、すでに2敗を喫している。昇格自体、何だか自信がなくなってきた。今シーズンもずっと、ヒリヒリした戦いが続くのかな。まあ、プレーオフに出れないということはないはずなので、最後まで楽しめそうだ(笑)。


よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

1771

 このアウェー山形戦に乾が出場できないことは前節の時点で覚悟したが、直前になり北川も別メニューという情報が入り、当日蓋を開けてみたらカルリーニョスまで不在。攻撃の核3人を欠くこととなり、頭を抱えるしかない事態である。

 個人的には、こうしたリスクもあるので、シーズン序盤から、もっと選手を入れ替えながら戦った方がいいのではないかと、疑問を感じていた。ほぼ不動のレギュラーには過重労働を課し、逆に控え選手は試合勘が鈍る一方だからである。実際、秋田までの3連戦を終えて、一気に3人もの離脱者が出たわけだから、これまでレギュラークラスに無理を強いていたことは明らかであろう。

 その一方、昨日のアウェー山形戦を戦ってみて、期待した若手や控えが輝けず、「ああ、秋葉監督が不動のメンバーで戦っていたのも、無理はないな」と実感もした。J2随一の選手層と言われる清水だが、レギュラーと控えではかなり実力差があるということだろう。

 逆に言えば、秋葉監督本人は「誰が出ても自分たちのサッカーをやる」と強弁はするが、やはり秋葉清水は、特に攻撃に関しては、個人戦術頼りということなのだと思う。

 その逆が、山形というチームである。あのチームこそ、まさに「誰が出ても自分たちのサッカーをやる」チームであり、渡邉晋監督仕込みのポジショナルプレーがチーム全体に浸透している。最近の試合では「支配すれども決められず」という感じで、勝ち切れない試合が続いていたが、たぶんカオス的な秋葉清水は山形の良さを引き出してしまう面があり、戦術的に我が方の分が悪いのではないか。これで「3人衆」が健在なら、個人戦術で誤魔化しが効いたのかもしれないが、3人揃っての不在はやはり痛すぎた。


よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

 静岡市の新サッカースタジアム構想をめぐり、難波市長は26日、候補地となっている清水駅東口近くの製油所跡地の土地利用について、調査結果を発表したということである。上掲動画のとおりだ。

 新スタジアム消極派だった田辺前市長から、難波現市長に代わって、市の建設姿勢が多少積極的になるかと期待したが、難波という人も、田辺氏と同じ穴のムジナだった。田辺氏も、難波氏も、「市が引き受けるのは調査と利害調整だけ。実際のスタジアム建設には、公的資金はビタ一文出さない。これはあくまでも民間の建設プロジェクト」という立場である。

 日本のあちこちでJクラブのスタジアム建設プロジェクトが進められているが、地元行政がここまで冷淡なところは珍しい。これがまったくカネがないというのなら仕方がないが、水族館だの駿府城だのアリーナだのといった箱モノには公的資金を投入するのに、サッカースタジアムになると途端に出し渋るという点で、田辺氏と難波氏はまったく同じである。仮にも日本一のサッカーどころを自任する静岡市の市長が、なぜ2代も続いて反サッカー派なのだろうか。

 難波市長よ、カネは出さないのに、スタジアム推進派のような面をするな。「市はビタ一文出さない」と正直に言え。


よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

GD

 昨日25日には、桐蔭横浜大学との練習試合が行われたようだ。今季、秋葉清水のリーグ戦ではスタメンはほぼ固定であり、そこから外れている選手たちが出場した。

 昨シーズンまでであれば、ルヴァンカップのグループステージがあり、控え選手には、少なくとも公式戦6試合のアピールの場があった。それがなくなったというのは、かなり痛い。Gk沖なんて、ぜひプレーを観てみたいが、下手をしたら、今季1~2試合くらいしか公式戦の出場はないかもしれない。

 まあ、今までのレギュレーションでも、昨シーズンJ2で4位の清水には、今季ルヴァンの出場権は与えられなかったのかもしれないが(涙)。

 「エリートリーグ」というやつも、今年はないのかな?

 ルヴァンの完全トーナメント化、各クラブの戦力底上げという観点から、あまり得策ではなかった気がしないでもない。

 なので、控え選手は、練習試合でアピールするしかないわけだが、我々がそれを(わざわざ三保に足を運ばない限り)観られないというのは、なんとも物足りない。

 あるいは、秋葉監督がリーグ戦でもうちょっと大胆に選手を入れ替えながら使わないと、チーム全体の士気が保てない恐れもある。


よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

50

 清水は昨年秋田に1分・1敗で勝てなかったわけだけど、その両方とも、乾がいなかったらしい。だから昨年、清水が秋田に相性が悪かったのか、それとも単に乾先生がいなくて攻撃の創造性が低下したのかは、微妙なところである。

 そんなわけで、今年は乾先生有りの比較対照実験ができるかと思っていたのだけど、まさかの前半6分での負傷交代。バイタルエリアで交錯した時に傷めたのだろうか。試合後、サンダル履きではあったが、それほどひどく足を引きずる様子もなく、場内一周に参加していたので、重症ではないと祈りたいところである。

 いずれにしても、攻撃で違いを作る乾がいなくなったことで、メリハリのある攻撃はあまり期待できない試合になってしまった。

 ただ、その分、カルリーニョスが攻撃のアクセントにはなっていた。カルリは今季プレーがあまり冴えていない印象だったのだが、前節の得点で吹っ切れたのか、今回の秋田戦も引き続き生き生きプレーしており、サイドチェンジなど、彼のところから良い流れになったことは何度かあった。そして、カルリが中央に送ったクロスが、ポストに当たって跳ね返ったところを、北川が上手く合わせて、虎の子の1点を奪う。もっとも、あれは明らかにジェラのポジションがオフサイドであり、VARのあるJ1ならゴールが取り消されたのではないだろうか。

 右SBの吉田がほぼ守備専門なので、良いタイミングで右サイドに出ても、ブレーキがかかり、そこから何も産まれない。攻撃は左サイドだけの片肺飛行になっている。左の山原の位置が高く、右の吉田が低いので、3バックのように見えることもある。

 今季の清水、タイトにはなったが、なんだかラグビーの肉弾戦を見ているような印象も、無きにしも非ず。とかなんとか言ってるが、去年は7節までで勝ち点5、今年は6節までで勝ち点15であり、その差がすべてだ。


よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

20240320_160132

 個人的に、千葉のフクアリでの観戦は、たぶん3回目かな。自分はゴール裏の住人ではないので、メインの中央付近ややアウェイ寄りが第一希望なのだけど、今回は、エスパサポの出足が良く、そのあたりが早々に売り切れたので、バックのややアウェイ寄りでの観戦となった(周りは8割方オレンジだったが)。

 フクアリ、良いとこだよね。駅から徒歩圏。専用スタジアムでピッチから近い。選手が脇のあたりから出てくるのはマヌケっぽくて嫌だけど(笑)。今回初めてフクアリのバック2階で観戦して、アイスタと違って傾斜が急であり、見やすさという観点では、J屈指だろう。まあ、高齢化した清水サポには急傾斜はチト辛いという説もあるが。

 他方、今回は満員に近かったので、ハーフタイムのトイレ混雑が酷く、個人的に早めにトイレ列に並んだつもりだったのに、後半の頭を見逃すハメになった。また、試合後に狭い出口に人が殺到するのも、非常に危険だなと感じた。あと、屋根に覆われている座席が多いようでいて、横の方の壁が開いていることもあり、実際には雨にさらされる座席はかなり多いだろう。

 清水の新スタは、こうしたあらゆる既存スタジアムの問題点を総ざらいした上で、完璧なものを作りたい。

 フクアリの収容人員は、19,781人か。清水の新スタは、当初山室社長が駅近で4万人と言っていたので、それなら国際Aマッチもできると楽しみにしていたのだが、いつの間にか2万人規模というようなスケールの小さい話になってしまった。ということは、清水の新スタは、今のアイスタやフクアリと同じくらいの規模感になってしまうということだろうか。清水は、アクセスが最悪のアイスタでも1.5万くらいは動員できているわけで、駅前新スタができアクセスが劇的に改善し、しかもこれから清水がJ1で躍進する(?)ことを考えれば、需要は2万では収まらないはずだ。少なくとも広島新スタクラスの2.9万くらいないと、新スタの意味がないと思う。


よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

20240320_140124

 千葉戦の話の続きだけど、ベテランライターの後藤健生氏が、「あらゆる意味で熱かった千葉対清水。今シーズンの昇格争いを占う大激戦」という記事を出している。後藤氏のような大物が取り上げてくれるのは、有難い話だ。後藤氏の場合、「テレビでCLを見るよりも、大学リーグ生観戦」をモットーに観戦試合数は3700を超えた(もちろん、CL生観戦が第一希望だが!)という人なので、足を運びやすいフクアリに駆け付けてくれたのだろう。それで、この記事で気になったのは、以下の箇所である。

 実際、試合は激しいボールの奪い合いで始まった。ピッチ上の各所で選手同士が激突する。しかも、先立圭吾主審が選手が倒れても簡単には笛を吹かない“強気な”ジャッジでプレー続行を促したものだから、さらに試合はヒートアップしていった。

 確かに、先立主審は接触プレーを流す場面が何度かあったと思う。しかし、問題は、ジャッジ基準が一貫していないことだった。たぶん、手を使ったファウルは厳密にとり、足で多少削るくらいは大目に見るみたいな考え方なのかもしれないが、笛を吹いても吹かなくても、どちらも納得感が乏しいケースが多く、モヤモヤさせられた。選手と上手くコミュニケーションできているようにも見えなかった。

 まあ、乾の決勝点に繋がったジェラのタックルは、もしかしたらファウルにとる主審もいるかもしれないから、結果的に清水が不利益を被ったわけではなかったが。いずれにしても、この人、下手だなというのが、偽らざる感想だった。


よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

46

 現地で観ていて、異常にシュートが少ない試合だなとは思ったけど、最終的な公式スタッツによれば、試合全体で清水が7本、千葉はわずか3本か。しかも、後半は千葉のシュートはゼロだったんだな。後半にも、押し込まれる時間帯は長くて、ゴール前で冷や冷やすることは多かったんだけど、シュートは打たせていなかったんだな。

 陣形は違うけれど、お互いにハイプレス、即時奪還をコンセプトにしていて、「潰し合い」のような試合になったということだな。

 ただ、清水の側は、メンバーを変えずに連戦に臨み、体力面に不安があったためか、前節大分戦のようなプレスの迫力はなかった気がする。対する千葉は、アウェーで惨敗した後に迎えたホーム戦という、まるで大分戦の時の清水のような状況であり、気合十分で、出足の差で全体的に千葉が押し気味の試合となった。それに加え、やはり戦術的に千葉の方が洗練されていることは、否めない。

 そんなわけで、清水としては非常にしんどい試合になったわけだが、それでも守備で我慢していればいつか自分たちの時間が来るという典型のような展開が待っていた。少ない決定機をきっちりと決めきって、勝ち点3をゲット。昨シーズンから、どちらかと言うと、「支配しているようでいなかがら、試合を決める1点がとれず、逆にコロっと失点して勝ち点を落とす勝負弱さ」というのが清水のチームカラーだった気がするが、今回の千葉戦ではそれとは逆の、我慢して少ないチャンスを活かし勝ち切る姿があった。

 千葉の両ウィングが広く張って、そこからの突破で相手を崩すという話は聞いていたけど、その両ウィングに加えて中央でも2人くらい裏を狙っており、清水のディフェンスラインとしては相当神経をすり減らす90分だったと思う。しかし、長崎戦のような破綻はなかった。今回の千葉戦、最初から相手の戦術を踏まえてある程度我慢しながら試合を進めるというゲームプランだったのか、それとも結果的にそうなってしまったのかは分からないが、いずれにしても粘り強く勝機を探ってそれを掴んだ、価値あるアウェー勝利となった。


よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

GD

 次節に向けた視察とばかりに、鹿児島と千葉の試合を観ていたら、我々にもなじみの深い藤本憲明が大活躍で、千葉から計4点もとって激勝したものだから、驚いた。

 鹿児島の1点目、2点目はどちらも、ワントップの藤本が良いタイミングで裏に飛び出し、勝負ありという得点だった。千葉のディフェンスラインはその点で弱点を抱えているように見えた。

 だとすると、我々も次節、鹿児島にあやかり、北川の裏抜けで得点を重ねたいところである。では、藤本と北川、裏抜けはどっちが速いだろうか?

 日本復帰後の北川のプレーを観ていると、体が重くなり、加速にちょっと時間がかかるようになった印象である。スピードに乗ってしまえば速いが、初速が遅くなった感じだ。前節・大分戦の宮本が出した絶妙なスルーパスなんて、以前の身軽な北川だったら、追い付けたのではないだろうか。

 まあ、北川も悪いことばかりではなく、ヨーロッパに行って、プレー強度は高まった気はするし、若い頃より落としも上手くなったとは思う。本人もまだ新しいプレースタイルを模索中というところなのかもしれない。


よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

1756

 前節の惨敗が良い薬になったのか、攻守に安定感を取り戻し、快勝。もう1点くらいとってほしかった気はするが、悪くない再出発となったのではないか。

 前節、守備陣が裏をとられたこともさることながら、簡単に蹴らせてしまったのが問題だった。その点、大分戦では、奪われたら即時に圧力をかけることで、相手にほとんどサッカーをやらせなかった。最終ラインにも、競り勝って跳ね返す力強さがあった。

 メンバーの入れ替えが多少あったが、色んな選手がかかわって勝利したというのも、勢いを付ける上で大きいだろう。吉田の右SB先発起用、白崎のサイドハーフ投入などの新機軸があった。今季初めての3バック変更も敢行し、原抜きでそれをやれたのも、オプションを増やす結果となった。

 ここで宮本にゴールが来たのも、必然という気がする。宮本は、昨年あたりから裏狙いの面白いパスを出すようになり、実は視野が広く攻撃センスもあることを証明していたが、今季は攻撃にかかわる意識がより積極的になり、攻め上がりの回数が増えた。何より、ホナウドと違って、変なボールの持ち方をして奪われて大ピンチという場面がほぼないだけでも、宮本の方がずっと良いと感じる。

 上手く説明できないが、片野坂監督のチームは、清水にとって割と相性が良さそうな対戦相手だった気がする。その意味でも、次の千葉戦が、本当の試金石になるだろう。


よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

1751

 去年ですら一度もなかった4失点か。こりゃ参った。2連勝していた3チームのうち、前日に2チームが敗れ、「ここで勝てば首位!」という状況で、お約束のように負ける清水の伝統が守られたというべきか。う~む。

 前半の主導権は清水が握っていたはずだ。ボールも割とよく回っていたと思う。しかし、ビッグチャンス、シュートにはなかなか結び付かない。結局、長崎の裏狙いの縦ポンの方が、効率も確率も良かったということか。1失点目は山原のハイボール処理が苦手なところを突かれた感じだった。2失点目は、蓮川が後ろのスペースに強くスピードもあるという触れ込みに反するように、あっさりと裏をとられた(オフサイドじゃなかったか?というのはDAZNでは判断できないので分からない)。

 指揮官の「超攻撃的に、超アグレッシブに」という標語に乗せられたわけではないだろうが、人数をかけて前掛かりになったところで、攻撃を完結できず、逆にひっくり返されて即大ピンチという問題を、このチームは相変わらず抱えている。攻めている時のリスク管理という発想が、このチームには希薄過ぎるのでは?

 攻撃も、アグレッシブもいいけれど、まず無失点ベースで試合に入らないと、今日みたいに試合を難しくしてしまう。


よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

 もっと色々動画を載せようと思ったのだけど、オレンジウェーブのパフォーマンスとかは著作権の差しさわりがあり、公開できないことが分かりました。せめて選手入場のシーンだけでもどうぞ。ブレブレですまぬ。


よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

 3月2日のホーム開幕戦(愛媛戦)に現地参加できなかった方のために、動画をいくつかご紹介します。まずはチームバス到着の様子。昔は到着時にドンチャンやってもっと賑やかだったような気がするけど、最近は地味ですね。


よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

GD

 今季の清水と言えば、J2では贅沢なほどの分厚い選手層と、チマタでもてはやされることが多かったが、リーグ戦2試合を戦ってみて、むしろ「人手不足なのか?」と心配になった。選手交代がやたら遅いし、愛媛戦でも西澤を主戦場とは言いがたいFW起用するなど、監督が人繰りに苦心している様子が伺える。

 「怪我人が多くて、使える選手が少ないのか? もしかしたら高橋祐治や白崎は離脱中なのか?」とか思ったが、4日の名古屋とのTMで2人とも長い時間出場したようであり、怪我というわけではなさそうだ。

 ということは、秋葉監督にとっては、現状でスタメンで送り出している11人がとにかくベストメンバーで、その11人をスタメン表に書き込んだらほぼほぼもう仕事は終わりという感じなのか。はたまた、現状でメンバーから漏れている選手たちは、そんなに監督の信頼が低いのか?

 ベストメンバーの11人で本当に間違いなしというのなら結構だが、愛媛戦では先制した後の時間帯で、だいぶ気の抜けたようなプレーが目立った。昨年あれだけ、勝ち点1の価値、ゴール1つの価値を思い知ったはずなのにな。だからこそ、そうした時間帯でメンバー交代をしてハイテンションを保つのが定石のはずなのだが、なぜか監督は動かず。チーム内はどうなっているのか、気になる。


よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

41

 J2とはいえ、いつ以来か分からないほど久し振りの、開幕2連勝。初戦の山原、今回の北川と、今シーズンに賭ける思いが誰よりも強いであろう選手に得点が来たのも、不思議なものである。というわけで、ムードとしては良好なわけだが、サッカーの中身はというと、これがどうにも頼りなく。愛媛は、さすがにJ3を圧勝して昇格してきただけあり、機能的で良いサッカーをするチームで、清水相手にもまったく臆する様子はなく、我々の側がタジタジとさせられる場面も多かった。

 相変わらず、ビルドアップの機能不全が酷い。サイドで詰まる場面が多過ぎる。サイドに運んで、そこで隣のレーンの良い角度に味方がいてサポートできればいいのだが、外レーンだけで運ぼうとするので、相手の守備網に簡単に引っ掛かる。戻すしかない。もっと酷いのは、そこで無理をして変な形で奪われることであり、だいたい清水のピンチはそういう形で生まれる。

 愛媛戦では、蓮川の大胆な持ち出しが観客席のどよめきを呼び、そのあとボールを奪われて悲鳴に変わるということが、2度ほどあった。ドリブルで運ぶのは本人の持ち味らしいが、あれもチームとしてボールの運び方が確立されていないから、個人が無理をして、その無理がピンチに転じたものだろう。ロティーナだったら、あんなプレーは許さないだろう。秋葉さんは放っておくだろうが。

 公式記録によれば、この試合のシュートはわずか9本。それで2得点というのは、効率が良いっちゃあ良いが、今の清水の場合はアタッキングサードまで運べばかなりの確率でビッグチャンスに繋げられるのだから、もっとその回数を増やすべきで、そのためには一にも二にもビルドアップではないか。

 (失礼な言い方になるが)J3上がりの愛媛さん相手に、構成力の完成度の差を見せ付けられたというのは、かなりショックである。昨年とは真逆の開幕2連勝、2試合で勝ち点6という上々の結果にもかかわらず、個人的には不安で一杯だ。


よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ