J1チャンピオンシップの準決勝、川崎VS鹿島をテレビ観戦した。ああ、来年はこんな連中とやるんだなあ、チト苦しいなあというのが偽らざる印象。特に目を引いたのは、鹿島が1点リードして、当然川崎が同点ゴール目指してパワープレー気味に押し込んでくるわけだが、そこでの鹿島の守備の対応である。鹿島は、相手が圧力をかけてきても、最終ラインを一定の高さに保ち、綺麗に4-4-2の陣形を守って、可能な限り前からプレスをかけていた。そして、上手く奪えた時には、カウンターで追加点を狙うという姿勢を見せて、敵の守備陣の上がりを最小限に抑止する。言うまでもなく、清水がホーム岡山戦などで見せたドタバタした臆病な対応とは対照的だった。全員が下がりすぎて、逆に簡単にクロスを上げられたり、がら空きのバイタルからミドルシュートを打たれたりといった愚かなことを、鹿島は絶対にしない。このあたり、清水も真摯に学び、訓練を重ねないと、J1定着はおぼつかない。


よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村