1806

 今季、J2リーグ戦で仙台から3得点を奪ったのは、清水が初めて。他方、今季の仙台は最高でも2得点であり、そのチームから2失点するのも、どうかしてる。

 まあ、秋葉清水というのは、そういうチームなのかもしれないな。今回の仙台戦では、前半に押し込んだ時間帯もあったものの、押し気味の展開からはなかなシュートに持ち込めない。

 結局、今回の1点目のようにロングボールから活路を開くか、あるいは2点目のようにハイプレスで奪って一気に敵ゴールに迫るか。ポゼションからフィニッシュに持ち込む形を持っていないチームだけに(乾先生が欠場であればなおさら)、こういうカオス的な試合の方が、勝つ確率は上がるのかもしれない。

 清水のボランチとかディフェンダーが食いついて、それをはがされ、一気に数的不利で大ピンチに陥ったりするのを見ていると、なんでこんなリスクのある戦い方をしているのかと、疑問にも感じる。しかし、落ち着いた試合展開では、仙台のようなチームは崩せず、ロースコアになり、ドローに終わってしまうリスクもある。

 というわけで、完封勝ちできないのはどうもスカっとしないが、こういうリスクを背負った戦い方だからこそ、今季のドローは1回だけで、勝ち負けがはっきりつき、結果として勝ち点を積み上げられているのだろう。


よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村