30

 2024年初めての更新なんで、一応、明けましておめでとうございます。

 遅れ気味だったチームの編成も、ようやく形が見えてきたような、こないような。

 去就が決まった選手の中では、ホナウドの満了というのが、一番大きな話題かもな。彼は評価がわかれるプレーヤーだったと思う。個人的には、正直言うと、あまり信頼を置いていなかった。

 確かに、一対一でボールを狩り獲ったりするのには、無類の強さを発揮した。しかし、彼が無理にボールキープをしたり、曲芸的に相手をかわそうとして、逆に奪われて大ピンチになったことが、何度あったか。

 たとえば、ワンタッチでボールがスムーズに流れている時に、相手が体をぶつけて倒されたら、ファウルをとってもらえ、フリーキックを獲得できる。しかし、ホナウドは無理なボールキープが目立つので印象が悪く、同じ接触でもファウルをとってもらえない。本人もそれが不満なので、すぐに守備に切り替えずに、しばらくその場で怒ったりしている。

 昨今の清水で、「それほどピンチが多くないのに、奪われ方が悪くて、一気に失点まで持って行かれる」という現象の、起点になることが多かったのが、ホナウドだった。

 秋葉清水は、個人戦術のパッチワークなので、ある意味でホナウドはそれに合ったボランチだった。しかし、いくらなんでも、2024年は少しは組織的な要素も取り入れないと、勝ち抜くのは無理であり、2023年のボランチの軸だったプレーヤーを失うのは確かに影響が大きいが、清水としてはそれを良い方向に持って行くしかないだろう。


よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村