1216

 先日のFC東京戦、勝ったからよかったものの、主審の笠原寛貴氏のお裁き振りには納得できなかった。清水にとっていつも泣かされるレフリーというのはこれまでも色々といたが、笠原氏もその仲間入りを遂げつつある。

 前半にカルリーニョスが東にファウルを受けた場面。あれは、東がカルリのモモあたりをめがけて飛び蹴りをしたラフプレーであり、一発レッドが相当だろう。

 後半、後藤がレアンドロともつれながら、相手にビンタされたシーンも、やはり一発レッド案件のはずである。あれを見逃すのなら、何のためのVARか?

 あと、うろ覚えだが、終盤、北川がターンしようとして敵DFに倒された場面は、なぜイエローでなかったのか? 解説の水沼氏も、疑問を口にしていた。前半、カルリが敵のカウンターを止めるためにファウルをしてイエローが出ていたのだから、この場面もイエローでなければ釣り合わない。

 とまあ、笠原主審にもVARの運用にも全く納得はできないのだが、前半のアダイウトンのゴールがオフサイドで取り消されたシーン、試合を左右する一番重要なあのシーンでジャッジが清水を救ってくれたので、まあ今回は勘弁してやる(笑)。以後、気を付けるように。

 また、後半開始前にピッチに登場する時に、GK権田が笠原主審と長く話をしていた。恐らく、前半いくつかあったジャッジに関する疑問を、確認していたのだろう。我々サポは「笠原引っ込め」とか言っていればいいが、ピッチ上で戦う選手はそういうわけには行かず、権田の対応は流石だと感じた。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村