1093

 清水のクラウドファンディングはラストスパートが効いて成功に終わったが、まだ孤独な戦いを続けているクラブが身近に存在する。県民の皆さんならご存知とは思うが、「アスルクラロ沼津・J退会危機 存続をかけた大一番 #ホームスタジアム照明改修」である。

 アスルクラロ沼津は現ホームスタジアムの照明を改修できなければ来年からJリーグライセンスが取得できずJリーグにいることができなくなります。法人設立30周年を経た今、自ら競技場照明を改修し、次の30年に向けて新しいステージに挑戦します。あくまでも目指すはJ2以上、静岡県東部に必要とされる市民クラブです!

 沼津は、県内にあるライバルでもあるが、清水から近い場所にこういうクラブが存在してくれることは、メリットにもなる。ジュニアがお世話になったように、今後も清水の若手選手のレンタル先になるかもしれない。練習試合を組むのにも、至近距離にJクラブがあるのは有難い。清水のレジェンドである伊東輝悦が現在も在籍している。

 考えてみれば、J1では神奈川県のチームが連続して優勝する状態が何年も続いている。このままでは、チーム数や成績などで、神奈川県が日本随一のサッカーどころということになってしまう。静岡県がそれに負けないためにも、沼津にはJクラブとして存続してほしい。

 所長も、清水のクラファンに投資したついでに、沼津にも協力させてもらった。皆様も、せっかくCAMPFIREのアカウントをお作りになったことだろうし、支援なさったらどうか。まあ、すでに沼津のクラファンも目標額の3,000万円を突破したようだが、照明改修には1億円必要と言われており、クラファン資金が多すぎて困ることはないだろう。

 それにしても、伊東輝悦とか、ゴン中山とか、沼津ゆかりの人が、清水や磐田のホームゲームで募金を呼びかけたりしたら、あっという間に浄財が集まりそうな気がするのだが(特に静岡ダービーでやったらよかった)、なぜそういうことを考えないのかね。困った時はお互い様だよ。


よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村