1039

 昨日開催されたFUJIFILM SUPER CUP 2022では、天皇杯王者の浦和が、Jリーグチャンピオンの川崎を2:0で下して勝利。

 様子見のスロースタートだった川崎に対し、序盤から圧力をかけた浦和が一気にゴール前に迫り、先制したのが大きかった。川崎はチャナティップを左ウイングに配置した新布陣が機能せず、後半からチャナのポジションを変え多少は活性化したものの、決定機と呼べるものはほとんど作れなかった。

 川崎のギアがなかなか上がらないということもあったが、試合の大勢を決めたのは、浦和側の集中力が高く、なおかつ上手く守ったということに尽きるだろう。昨シーズン、ロティーナの下で、清水もこのくらいの堅守を構築してくれるのではと願っていた、そんな堅守を浦和が実際に作り上げ、王者川崎を沈黙させていたのを目の当たりにすると、実に複雑な思いである。

 浦和に関しては、優勝候補に推す声もチラホラ聞かれたが、今回のスーパーカップ勝利により、ますます下馬評が高まるかな?

 ただ、試合後に、ロドリゲス監督は、意図したような戦い方は必ずしもできなかったとコメントした。当然、もっとボールを握る展開を狙ったのだろう。ただ、ロドリゲスの優れたところは、自分たちの確固とした形を持ちながら、相手に合わせて戦術を柔軟に変えることもするし、今回のように相手にボールを持たれても、それはそれで戦い抜く術を持っていることである。そのあたりが、こう言ってはなんだが、やや硬直的なロティーナとは違う。

 2年前、大榎GMがリストアップした監督候補には、クラモフスキーだけでなく、ロドリゲスも含まれていたんだよね。あの時、清水がロドリゲスを獲れていたら、その後の歴史も変わっただろうか。いや、清水のことだ、ロドリゲスをもってしても、シーズン途中解任だったかな。いずれにしても、そんなモヤモヤした思いを抱きながら観戦した、スーパーカップであった。


よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村