1035

 J1の中でも、札幌や鳥栖といった日本の端っこにあるチームは、どうしても移動距離が長くなるので、ホームで強く、アウェーで弱いという傾向がある。しかも、昨今のようにコロナまでかかわってくると、長距離遠征のストレスというのは相当なものだろう。特に札幌の場合は気候の関係で、開幕当初はなかなか地元でじっくりと調整するということが難しく、流浪の民になりがちである。

 先日、「開幕戦の対戦相手、札幌ってどうよ」という記事の中で、札幌の公式HPを見てもずっと予定が「未定」となっているし、一体、札幌は今どこで何をしているのだろうか?という疑問を書いた。

 で、今般、改めて札幌のHPをチェックしてみたところ、先方は2月5日にいったん沖縄キャンプを切り上げ、3日間のオフを挟み、2月9日から18日まで、熊本でキャンプを張っているということのようである。

 これを見る限り、19日にアイスタで清水戦があるわけだが、札幌は前日に静岡入りするのだろうか?

 野々村社長の計らいにより、札幌は重要な遠征では2日前に現地入りして、余裕をもって試合当日を迎えるようにして、それにより札幌の成績が良くなったという話を聞いたことがある。今回の開幕戦では、そのような前々日入りの対応はとられないということだろうか?

 仮に、先方が前日の18日に熊本から静岡まで移動するとなると、それだけで疲労困憊ではないか。驚いたことに、一応、くまもと空港から富士山静岡空港への直行便はあるようだが、夜の便であり、試合前日の深夜にホテルに着くような恰好になる。熊本から羽田または名古屋あたりに飛んでそこから新幹線で静岡とか、熊本から福岡まで新幹線で福岡から富士山静岡空港に飛んでということなら、もっと早い時間帯の便に乗れそうだが、乗り継ぎが大変だ。

 何が言いたいかというと、恐らく1週間後の清水VS札幌の開幕戦では、地元でずっと調整できる清水と、流浪の民と化す札幌の間で、かなりコンディションに差があるのではないか?ということである。札幌は、完成度の高い攻撃サッカーを見せ、「70分までなら川崎より強い」などとも言われるが、必ず終盤に足が止まるチーム。それが、今回の開幕戦では、もっと早い時間に、ガソリンが切れるかもしれない。

 札幌に関しては、苦手意識が大きいが、コンディション差を考えれば、是非とも勝っておきたい。


よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村