1011

 高校選手権での静岡学園と関東第一の対戦は、まさかの試合終了間際の同点弾でPK戦にもつれ込み、そうなれば精神的に有利なのは関東第一なのは当然で、同校がPK戦を制して勝ち上がった。史上最強とも思えた静学の挑戦には、唐突に終止符が打たれた。

 内容があれだけ一方的で、それでも押していた方が勝てないなんて競技は、サッカーくらいのものだろう。改めて、サッカーの恐ろしさを痛感した。

 普通の高校であれば、「1点リードしているのだから、守備を固めて逃げ切ればよかった」と考えそうなところである。でも、静学の場合は、「我々は常に攻め続ける。2点目がとれなかったことが問題」という意識なのかもしれない。

 静学のサッカーを観ていて、「川崎っぽいな」と思った人は多いだろう。左右のアタッカーの質と連携によって、違いを作るというか。まあ、川崎と違って、中央にレアンドロダミアンはおらず、それゆえに、守備が堅いチーム相手には、崩し切っている割には得点が入らないという印象があったが、とにかく、DNAは川崎と共通しているなと強く感じた。現に、3回戦で8得点大勝した際には、監督が選手たちに事前に川崎のゴール集のビデオを見せて、攻撃のイメージを膨らめていたという。

 周知のとおり、我が清水エスパルスと静学が、距離的に近くに位置している割には、これまで人的交流はあまり盛んではなかった。静学の優秀なタレントは(そもそも静岡県出身でないケースも多いわけだが)、スカウト向島氏の招きで、川崎に行ってしまうことが多かった。

 だが、今回の静学イレブンからは、MF川谷凪君が清水入りすることが決まっている。静学から直で清水に入るのは、非常に珍しいケースなのだと思う。これをきっかけに、今後そういうルートが確立されるといいのだが。川谷君の清水での活躍を祈る。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村