fouls

 まったく冴えなかった2021シーズンの清水だが、一つだけ、リーグで最も優秀な(?)数字があった。上図に見るように、ファウルの数がリーグで最少だったのである。これをどう考えるか。

 結論から言えば、リーグ最少ファウル、それ自体では、まったく誇れるものではないだろう。名古屋のように「少ないファウルでクリーンシートを数多く達成」とか、川崎のように「少ないファウルで勝ちまくった」とかなら、称賛に値する。しかし、清水の場合はファウルが少なく、その結果として大量失点し、順位も下位に沈んだのだから、何の意味も無い。

 恐らく、ロティーナ監督は無駄なファウルをしないよう、指導を徹底したのだろう。しかし、その結果、必要な時にも相手に強く行けない傾向が生じてしまった。

 また、ファウルのTPOにも問題がある。たとえば、相手のカウンターになりかけた時に、早い段階でファウルで潰しておけば、ピンチの芽は摘めるし、ほぼイエローももらわないわけで、そういうファウルはむしろやった方がよかった。また、2021シーズンの試合で、FWが前プレスをかける時に、強く行きすぎた結果としてファウルになっても、ピンチにも警告にもならないのだから、もっと強く行けばいいのに、やたらとお上品にプレスをかける傾向があった。

 逆に、自陣ではなるべく余計なファウルはしたくないのに、そういう場所に限って無駄なファウルをして、苦手なセットプレー守備を強いられ、そこから守備がほころびるという場面が何度もあった。

 2021シーズンのファウルの少なさは、チームのコンセプトが機能しなかった表れの数字としてとらえるべきだろう。


よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村