981

 清水の試合は、負けた試合よりも、勝った試合の方が、疲れるな。勝利のカタルシスといったものとは無縁だ。今回の広島戦後も、個人的に、終わったあとはもうグッタリという感じだった。

 それと言うのも、最後の方はずっと押し込まれ、クリアするのが精一杯という、お馴染みの展開になってしまうからだ。老獪に時間を使ったり、虎視眈々とカウンターから2点目を奪ったりといったことができず、ひたすら耐え忍ぶだけの時間が続くわけで、こりゃ体がもたん。いつもは惨めな負け試合で、たまにある勝利もこんなに苦しいんじゃ、寿命が縮むわ。

 とか何とか言いつつ、今はこんな風に、根性で勝ち点を拾っていくしかない。ロティーナでワンランク上のフットボールステージを目指したものの、見事なまでに失敗に終わった以上は、ど根性サッカーしかないだろう。

 今回の広島戦、清水イレブンは最初から飛ばし気味だったが、あれは平岡監督が必ずしも意図したわけではなく、選手たちが自分たちからハイペースで行ってしまったようで、逆に指揮官はそれを抑えるのに苦労したと発言している。案の定、後半に息切れして、押し込まれる展開になった。というわけで、完成度の高いサッカーでがっちり勝ち切ったというのからは程遠かったが、今までのチームに一番欠けていた「熱」みたいなものが発揮されたからこそ、勝利を収めることができたのだと思う。

 広島は、本来は難敵だが、さすがに監督交代から間もなく、まだ戦い方が整理されていない印象だった。それも、清水には有利に働いただろう。

 他会場の結果から、広島戦の勝ち点3は絶対的なノルマであり、もし負けることでもあったら、そのまま降格だろうと思っていた。毎年のことながら、なぜ清水というチームはケツに火が付かないと戦わないのかというのは残念なところであるが、今節に関しては、何とか踏みとどまった。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村