104

 神戸戦の敗戦、「悲観すべき内容ではない」といった意見も散見されるが、個人的には、大いに悲観すべき内容としか言いようのない試合だったと思う。いやむしろ、普段どういう練習をしていたら、こういう酷いサッカーができるのかと、謎が深まるばかりの試合だった。

 昨日書いたように、札幌戦の神戸は出来が非常に悪く、チームとして沈滞期にあるとしか思えなかった。しかし、今思えば、それは札幌がマンツーマン気味にハイプレッシャーをかけ続けた結果だったのだろう。清水のように強度の弱い相手に対しては、神戸はたやすくプレスを回避し、相手の間に立って苦も無くボールを回すことができた。

 試合全体を通して、強く感じたのは、やはりボールを保持して繋ぐという根幹の部分で、清水があまりにも未完成なことである。神戸の選手とは大違いで、ボールを受けてから、次のプレーをどうするか迷う場面があまりにも多く、相手のプレッシャーを受け、無理なプレー選択をしたり、結局奪われたりする。

 今回の神戸戦は、あり得ないような守備のお粗末さがクローズアップされ、逆に清水の方にも決定機はあったため、「悲観すべき内容ではない」と自分を慰めたくなる気持ちは、分からないでもない。しかし、そうした思考は、大きな落とし穴ではないかと思うのだ。


よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村