939

 それにしても、ロティーナと言えば、「守備構築に定評のある」というフレーズが枕詞のように使われるが、清水の守備が安定する兆しは一向に見られない。こう言ってはなんだが、一昨日の試合、攻撃力のない仙台だからこそ1失点で済んだだけであって、上位相手では普通に3失点くらいしそうな守備の出来だった。

 思うに、ロティーナは確かに名将かもしれないが、それは優等生相手に東大進学を指南する教師のような能力に長けているということなのではないだろうか。今の清水のように、学級崩壊した駄目クラスを立て直せるかどうかというのは、どうも別ではないかという気がしてきた。

 仙台戦の失点シーン、今季何度もあった清水の失点パターンなのに、原輝綺がシュートブロックに行かなかったのには、思わず我が目を疑った。そして、ヴァウドも相変わらずひょいと足を出すだけで、結果的にシュートのコースを変え、逆にGK権田の邪魔をする始末である。

 恐らく、権田が信頼しているセンターバックは、鈴木義宜一人だけだと思う(権田本人もそれに近いようなコメントをしている)。だからこそ、義宜の復帰が待たれるわけだが、残念ながら、仙台戦のメンバー表にも、その名前はなかった。

 これは、怪我を負った頭の状態が、また悪化したのか? そんな心配もしてしまった。

 しかし、昨日19日、清水は甲府と練習試合を行い、その試合に義宜はフル出場したということである。ということは、別に怪我の後遺症ということではなく、単にまだ公式戦に出場するだけのキレ、試合勘、ゲーム体力を取り戻せていないというだけのことか? 今回、練習試合とはいえ、90分プレーしたことで、ここで改めてパフォーマンスやデータなどを確認し、次節以降で完全復活ということになるのかな?

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村