935

 もうシーズンはとっくに佳境に入り、降格危機に直面している我が軍としては、なりふり構わずに勝ち点を拾わなければならない局面である。内容云々ではなく、結果こそが求められる。その意味で、モロに残留ライバルである仙台を倒したことは、欲しい結果を得たことに他ならない。「内容は良かったけれど敵にワンチャンスを決められ負けてしまった」などという結果よりは、ずっと良いに決まっている。

 あくまでも、その大前提の上で、申し上げるならば、昨晩の清水のサッカーは、あまりに酷すぎなかったか。今回の仙台戦を観て、「よし、もう清水は大丈夫」と言えるか? 個人的には、むしろ、今季最悪に近い出来であり、とても再現性の高い勝ち方には思えなかった。我々は何となく、時間が経てば経つほどロティーナのチームは成熟していくようなイメージを漠然と抱いていたが、むしろ開幕当初よりも劣化している現実がある。

 仙台に勝ったことにより、ひとまず最悪の事態は回避した。しかし、少なくとも今季に関しては、ずっとこんな体たらくが続くんだなと、絶望的な気持ちを抱いた試合でもあった。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村