738

 清水に関して、「次節、誰それが欠場の見通し」とか、「誰それがスタメン濃厚」とか、非常に確度の高い情報が事前にマスコミに出ることが多い印象がある。「そんなに正直にチームの予定とか事情を表に出して、相手に対策の余地を与えなくてもいいんじゃないか」と思うこともある。

 なので、鳥栖戦を前に、「鈴木義宜が先発復帰へ」という報道が出たものだから、これはもう、完全にそうなのだろうと、個人的には信じ込んだ。ところが、鳥栖戦のメンバー表には義宜の名前が一切なく、代わりに(ポジションは違うが)学生の山原怜音君のサプライズ抜擢があったりして、非常に面食らったわけである。

 はて、これはどういうことだったのだろうか? 義宜は、直前のエリートリーグで、まあまあ普通にプレーしており、状態さえ戻れば、清水のセンターバックの中で序列は一番上のはずである。清水に限って、敵を混乱させるためにフェイク情報を流したなどということは、無いはずだが(それに、センターバックのメンツを変えたくらいでは、相手を混乱させることなどできない)。

 義宜がいたら、白崎に競り勝てたかどうかは分からないが、何にしても、次節こそは、義宜完全復活の朗報を聞きたいものである。

 もう一つ、鳥栖戦では、カルリーニョスも復帰してくれるはずだと、個人的に信じて疑わなかった。最近の三保での様子を断片的に見る限り、もう普通にトレーニングしているように思えたからだ。ところが、実際には、カルリの復帰もお預け。右カルリ、左コロリだったら、ちょっと漫才コンビのようではあるが、かなりの推進力が出て、相手の脅威になると思うのだが。

 義宜にしても、カルリにしても、念には念を入れて、遠征は見送り、仙台戦からフル稼働ということにした、ということであってほしいものである。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村