929

 ロティーナのサッカーは難しいし時間がかかるが、完成すれば面白いように勝てる。だから、今は我慢の時だ。今季開幕から、我々は自分たちにそう言い聞かせて、忍従の時を過ごしてきた。

 しかし、ゴールデンウィークを過ぎても、お盆を過ぎても、チームは一向に進歩しない。そして、昨日の鳥栖戦の敗北で、代表ウィーク中断を活用してチームがぐっと良くなるかもしれないという期待も、裏切られた。何の進歩も無い姿が、そこにはあった。

 今シーズン、いつかの時点で、チームが完成し、パチンコで言うところの「確変」の状態に至る。そうなれば、J1残留などはもちろん、上位進出も視野に入る。これまではそう信じてきたわけだが、少なくとも今季に関しては、確変は無いだろう。ずっとこんな調子だと予想する。

 しかし、個人的には、ロティーナ清水に関しては半ば諦めたが、J1残留は諦めない。残留ライバルたちが、清水以上に低迷してくれれば、生き残ることは不可能ではない。他力というやつである。

 とはいえ、いくら何でも、下位のライバルチームもある程度は勝ち点を積んでくる。それでも逃げ切れるくらいの最小限の勝ち点積み上げは、清水にも必要だ。たぶん、1試合平均で勝ち点1くらいはとっておかないと、お陀仏である。それすらもできないと言うのなら、自分たちにふさわしい場所に堕ちるだけの話である。


よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村