900

 DAZNをパソコンで動画キャプチャーし、自力で作成している清水の試合動画アーカイブ。五輪中断期間を利用し、それを第1節から改めて観るというプレイバック・チャレンジを続けている。今回は、アウェー柏戦。個人的には、開幕戦の鹿島戦に続く、「居ても立っても居られなくなり敵地に単身潜入した」パターンであり、酷い嵐の中で勝利を掴んだ試合でもあり、忘れられないものとなっている。

 開幕戦以来の勝利となったこの試合、とにかく際立ったのは、清水イレブンの気迫と一体感だった。前節までの「よそ行き」のサッカーはかなぐり捨て、闘志を前面に押し出し、目の前の敵に負けないという気合が感じられた。それはロティーナ監督にしても同じで、試合後には珍しく喜びを爆発させていた。

 言い換えれば、前節までの戦いがあまりにもふがいなく、シュートすらロクに打てない試合が2試合続き、「このままでは駄目だ」という意識が強かったのだろう。そこで、この柏戦では立ち上がりからアグレッシブに行き、前半のうちに電光石火の2得点を奪った。

 もっとも、この柏戦も、終わってみればシュートは前半の3本だけで打ち止め。前からプレスに行ける時はよいが、受けに回ると守備一辺倒になってしまうというチームカラーが出てしまった。この柏戦では相手の不調もあり、わりと危なげなく勝ち切ることができたものの、試合終盤ずっと押し込まれる悪い癖を露呈した試合でもあった。

 この柏戦で注目すべきトピックは、西澤と金子の2人が、今季リーグ戦では初先発を果たしたことだろう。そして、出場機会に飢えていた2人の悔しさを、上手くチームのエネルギーに転化して勝利した。現地で観ていて、新加入選手だけでなく、既存の中心選手も目の前で躍動していることがとても嬉しく、その時は、「これで新旧が融合し厚みのあるチームになるな」と喜んだのだが…。

 そして、現時点から振り返って、この柏戦が転機になったと思えるのが、宮本と奥井が途中出場ながら今季リーグ戦初出場を果たしたことである。宮本はそれほど派手さはなかったが、ヴァウドが負傷退場したことを受け急きょ投入された奥井が、出色の働きを見せた。体を張ったデュエルや守備は感動的ですらあり、その後奥井が(怪我人続出の結果でもあったが)レギュラークラスで活躍する第一歩となった。そう言えば先日権田が、前半戦のMVPは奥井選手だと思うと述べていたが、それはこの柏戦から始まったのだった。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村