79

 所長は昨日、どうにか関東から静岡への移動に成功した。東海道新幹線が日本最強のインフラだと思い知った。

 さて、清水は、順位が近い相手との落とせない試合が続いている。ただし、先日の横浜FC戦は、実際には、「シックスポインター」とは言えないだろう。横浜とは順位も勝ち点もだいぶ離れていた。別に先方の不幸を願うわけではないが、清水が生き残るという観点から言えば、横浜は4枠のうち1枠を埋めてもらわなければ困る存在であり、数字的にもかなり厳しくなってきている。なので、清水が残留する上での直接的なライバルが横浜というわけではないので、シックスポインターではなかった、という意味である。もっとも、そういう相手にもかかわらず、引き分けるのがやっとだったわけだが。。。

 それに対し、本日の大分戦は、より順位や勝ち点が近いので、本物のシックスポインターだ。清水が勝ち点3をとれなかったら痛いし、敵に勝ち点3を与えたとしたらそれも同じくらい痛い。とにかく必勝あるのみという試合である。

 例によって大分の今季ここまでのリーグ戦戦績を上表に示した。点がとれなくて苦しんでいる状態である。特に、前々節の鹿島戦、大分のシュートが1本、鹿島のシュートが2本と、両チーム合計で3本しかシュートがなく、J1史上最少記録をたたき出したことが話題となった。

 まあ、その鹿島戦も、相手にもやらせなかったわけである。大分の場合は下位に低迷していても、ザル守備で崩壊しているというわけではない。相手ゴールに迫る方法論を確立できていないという印象が強い。

 まあ、清水の場合は、先日の横浜FC戦も、「敵は4試合も得点できていないぞ」、「しかもクレーベが不在」という楽観論があったのだが、コロっと失点してしまった。問答無用、言い訳不要、今日は抜かりないように頼む。


よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村