zb

 昨日、清水の現所属選手を、在籍歴の長い順に整理した図をお目にかけた。ただ、出した後に気付いたのだが、今現在、期限付き移籍で他チームに出ている選手も加えた方がいいなと考え直し、ローン中の選手も加えてグラフを作り直した。それが上図である。

 こうやって見ると、GK高木和などは金子と並んで、もはやチームで4番目の古株だ(外に出ている期間が長いとはいえ)。しかし、最近は長崎でも出場機会が減少しているようだし、清水復帰は難しいかな? J2のセカンドキーパー、もしくはJ3のレギュラーキーパーとして、生きる道はあるはずだけど。

 同じGKで言えば、梅田はどうなのかね? 昨年、J1リーグ戦にも多数出場し、面白い持ち味があることは分かったけど、今のところ、トップレベルでバリバリやれる感じは、まだしないかな。昨日の天皇杯こそ出場したようだが、岡山でもっと出場機会が増えるといいのだが。

 大悟、川本は、J2でもしっかり活躍しており、サポの間でも復帰待望論が強い2人だろう。レンタル移籍の成功例として、凱旋してほしいものだ。

 西村は、2020年開幕戦の雄姿などを見ると、今季清水の主力にという期待もあったが、まだ自分を確立し切れていない感じだ。そもそも、ボランチが主戦場と思いきや、センターバックをやったり、センターフォワードをやったりと、ポジションすら定まっていない感がある。こうやって見ると、大悟と並んで、もはや清水在籍歴は9番目に古いわけで、そろそろ「未完の大器」を脱してほしいところだ。

 それにしても、ローン先を見ると、清水は北九州、岡山、長崎としかコネがないのだろうか。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村