2021b

 昨日に引き続き、出場ポイントで振り返る前半戦の続きである。本日は、残念ながらBクラスに留まっている選手たちである。

 とは言え、境遇はまちまちである。ディサロ、福森などは、主力とまでは行かないが、貴重なバックアッパーとして試合に絡み続けている。永井もセカンドGKとしての役割を全うしている。

 また、エウシーニョなどは、今季開幕で出遅れたので、今のところ出場ポイントはBクラスに甘んじているが、復帰後はコンスタントに出場を重ねており、直近の稼働率はかえっていつもの年より高い印象もある。

 他方、カルリーニョス、片山、原などの場合は、怪我で離脱していた時期があったがゆえに出場ポイントが伸びなかった形であり、怪我さえ癒えれば中心選手であることは間違いない。

 問題は、実績充分で、本来もっと活躍してしかるべき金子、指宿あたりか。金子は、ルヴァン・プレーオフ、天皇杯で決定機が巡って来ながら、それを決められなかったことが、今後のキャリアにどう響くか。指宿は、何度も書いているように、出ればそれなりのインパクトは残すものの、コンディションゆえか、はたまたロティーナの好みに合わないのか、出場時間が全然伸びない。

 若手、ユース上がりの中では、かろうじて滝が一定の期待感を抱かせている程度か。石毛はほとんど出番はないし、相変わらずエリック、ジュニア、成岡はベンチ入りすら果たせていない。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村