738

 水曜の天皇杯・福山戦。原輝綺が出場したのにも驚いたし、90分間プレーしたのにも驚いたし、決勝ゴールを決めたのにはもっと驚いた。

 今回は、システムが3バックで、原は右センターバックとしての出場だった。しかし、原がセンターバックをやると、サイドバック的な持ち味が出る。また、ロティーナ清水は一頃、4バックの一角である右サイドバックがビルドアップの時にボランチの位置に入るということをよくやっていたが(左サイドバックが落ちて3バックになる)、福島戦では3バックにもかかわらずビルドアップ時に原がボランチの位置をとり、2センターバックで守るということもやっていた(カテが下の福山だからそういう守り方もできたのだろう)。要するに、原がいると、システムや人繰りのバリエーションが増え、監督としては選択肢が増えるということだろう。

 鈴木義宜の長期離脱で、絶望的な気持ちになっていたが、はらてるがこんな元気な姿を見せ、いきなり活躍してくれたとなると、ちょっと気分も変わってくる。義宜とはらてるとはタイプが違うので、単純なプラマイゼロというわけにはいかないが、痛手の何割かは軽減されそうだ。

 てか、はらてる、水曜日にあんなに元気にプレーできたのなら、ルヴァン・プレーオフの鹿島戦にも(少なくとも日曜日の2レグには)出場できたのではなかったのか、なんて思えてくる。コンディション面だけから言えば、今からでも、五輪も間に合うのでは? 逆に言うと、清水は彼をオリンピックにとられないように、ぎりぎりまで温存していたのかなどと、そんな勘繰りをしたくなるくらい、とにかく水曜のはらてるは頼もしかった。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村