71

 バカスカ点をとって、日頃の憂さを晴らしたい。正直言えば、そんな思いがあった。しかし、チャンスはあれど、なかなか点が入らない。まあ、せっかく現地に観戦に来たので、延長まで観るのも、悪くはないか。そんな考えが、頭に浮かんだ後半アディショナルタイム。この試合で復帰の原テルがようやくゴールを突き刺し、そのまま勝利することができた。

 この試合の評価は、微妙である。先方のカテゴリーが我々のJ1よりはるかに下であることを考えれば、予想外に手こずったと言わざるをえない。ただ、福山シティFCが、カテゴリーにそぐわない、好チームだったことも事実である。J1勢と初の対戦だったらしく、気合がみなぎっており、アウェイサポも多数駆け付けていた。

 ロティーナ監督も評していたように、福山は位置は低いながら、良く繋ぐチームである。開始直後のバタついた時間帯を除いて、先方がビルドアップを始めると、なかなかボールが奪えなかった。前にあまり人数をかけないので、そこからの厚みのある攻撃などは無いが、清水のウイングバックが上がった裏のスペースにサイドの選手を深く張らせて、奪ったらそこにロングボールを供給して一気に清水ゴールに迫るというのが、福山の戦法だったと思われる。実際、それで福山のチャンスになった場面が、2、3度あった。

 評価がさらに難しくなるのは、「他会場ではJ1勢がジャイキリを食らっているじゃないか」という事実である。しかし、それに関しては、こちらの「なぜ天皇杯で“ジャイキリ”が続出したのか…順大がFC東京、Honda が横浜F・マリノスを撃破」という記事で論じられているとおり、敗れたFC東京やマリノスは、ルヴァンとの兼ね合いもあり、大幅にメンバーを落として臨んでいた。ルヴァン敗退済みの清水は、今回の福山戦にベストメンバーで臨んだので、福山の戦いは賞賛に値するにしても、やはりJ1としてもっと盤石の勝利を収めてほしかったというのが、個人的な本音である。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村