738

 横浜FC戦の、痛恨の失点。そもそも、フリーキックに繋がった河井のプレーはファウルじゃないだろと思う。くしくも、福岡戦で終盤に同点弾を浴びた場面で、そもそもヴァウドのプレーはファウルじゃなかっただろというのと、重なるところがある。

 いずれにしても、それが横浜FCのフリーキックになってしまったわけだが、それを直接決められた。「ゴラッソだから、あれはしょうがない」と、GK権田を擁護する声も多い。

 ただ、当S研ブログでも、これまでは権田を称賛することが多かったが、そろそろ彼を特別扱いしたり、神格化し過ぎるのは良くないと思い始めた。横浜FC戦の失点は、完全なGKのミスだと思う。

 あの場面、フリーキックは、それほど危険な場所ではなかった。常識通り、壁を2~3人立てておけば、普通に防げただろう。しかし、権田は中央で敵の長身選手に合わされることの方を警戒して、当初壁に2人立っていたところを1人に減らす指示を出し、中央の守備を厚くすることを選択したらしい。

 壁を1人にしたということは、敵が直接ゴールマウスを狙ってきたら、それを自分が全部止めるという自信があったからだろう。そう選択した以上は、実際に止めてくれなければ困る。逆に言えば、手塚は壁が1枚と手薄だったからこそ、あのコースに直接狙うことを考えたのかもしれない。弁解の余地はない。明らかにGKの失敗である。

 普通のチーム状態なら、権田も常識的に壁に2~3人立てる選択をしたのかもしれない。しかし、リーグ戦で勝てておらず、ホームでは未勝利。それゆえに権田は、「ここは自分の力でピンチを救わなければ。直接なら自分が止めてやる」と功を焦り、壁を少なくしたのではないか。だとすれば、現在の権田は、平常心でプレーできていないことになる。

 権田が清水の中で(というか日本全体の中で)総合的に最も能力の高いGKであることは間違いない。ただ、チームが上手く行っていない時に、一つの劇薬として、GKを代えるという方法がある。身近な例で言えば、ゴトビ氏はそういうことをよくやった(たとえGKに責任がなくても)。もしも権田がリーグ戦の先発から外されれば、「このチームでは、たとえ日本代表でも、先発の座は保証されてないんだな」「それだけ、チームが危機的状況なんだな」という緊張感が、チーム内に浸透するだろう。

 とはいえ、その荒療治が失敗に終わると、チームはさらに迷走の度合いを深めるだろうから、実際にはやらないと思うが。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村