penetrate

 仙台戦、ようやくホームで一つ勝ったのは良かったものの、冷静に考えれば、気の毒ながら今季ほぼ降格してしまうであろうチームの1.5軍相手だったし、試合自体はレベルが高かったとは言い難い。

 比べること自体に、無理があるかもしれない。川崎やマリノスの試合とは、インテンシティが根本的に異なる。最近、川崎やマリノスのサッカーについてよく言われるようになっているのが、「即時奪回」というコンセプトだ。攻守が表裏一体で機能し、たとえ攻撃が失敗しても、その瞬間に切り替えてボールを奪い返し、切れ目なく攻め続けるというイメージだ。だから、たとえシュートが失敗しても、それで落胆などしているヒマはなく、その後が大事になってくるわけである。

 一方、清水の仙台戦などを見ると、いったん攻撃が潰えると、そこで自分たちのターンは終わりであり、すぐに奪い返すという意識があまりにも少ない。ここからは守備だと言わんばかりに、自陣に戻るだけである(そして攻撃陣の切り替えや戻りがすごく遅い)。戦術も違うといえばそれまでだが、川崎やマリノスのインテンシティや連続性には遠く及ばない。

 苦悩が続く金子翔太だが、思うに、彼にとってこのチームでの最適ポジションは、今、鈴木唯人がやっているFWのプレス役なのではないか。金子の運動量や献身性は折り紙付きだし、チャンスの時の決定力は唯人よりあるかもしれない。まあ、金子も仙台戦で、シュートできそうな場面でもたついたりしたので、この試合でロティーナにアピールできたかは微妙かもしれない。ただ、PKはしっかり決め、「少なくともPKは落ち着いて確実に決める男」であることを証明した。普通のシュートも、PKのつもりでやればいいのにな。彼がゴール前でバタつくのは、フィジカルに自信がなく、寄せられたら潰されると焦るからだと思うのだが、ホント、シュートはPKのつもりでと言いたい。

 仙台戦をはじめ、ここに来て所長の中で、「サンタナより指宿の方が期待できるのではないか疑惑」が強まっている。独りよがりになりがちなサンタナに比べ、指宿は周りと活かし・活かされの関係を築きやすく、ボールの巡りがとても良くなるのだ。もしかしたら90分フル出場するようなコンディションではないのかもしれないが、もっとピッチ上で見たいと感じる。

 ウイリアムマテウス、ねえ。仙台戦では、光るプレーは、見られなかった。コンディションや試合勘の問題か、はたまた実力がこんなもんなのか。まあ、幸か不幸か、左SBは現状手薄なので、これからも出場機会はあるだろう。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村