2020年にレンタルに出された選手のうち、テセ、大悟、高木和などは即戦力として期待され、実際にも多くの試合に出場して貢献した。しかし、その他の若手、放牧組は、だいぶお寒いものだった。

 下に見るのは、J2町田に出されていたノリエガ・エリックの出場状況。終盤の守備固め(時間稼ぎ?)で何度か出場機会を得た程度だった。まあ、J2だからそこそこ壁は厚いし、CBゆえ組織的にチームに順応するのにも時間がかかるので、こんなもので仕方ないか。2021シーズンは、とりあえず清水復帰が決まった。一応、戦力として期待はされているが、状況次第ではシーズン途中の再びのレンタルもあるかもしれない。

eric

 J3沼津に武者修行に出たジュニアの出場状況が下に見るとおり。試合終盤にスーパーサブ的に何度か起用され、ダイジェストなどで記憶している限りでは、2度ほど決めなければならない決定機があったが、結局無得点。最後は大きな怪我をして戦線を離脱した。2021シーズンは清水復帰が決まり、我々には楽しみだが、現実的に考えれば、清水が戦力として必要としたというよりも、沼津から延長のオファーがなかったというニュアンスなのではないか。彼も、可能性があれば、もう1年くらい外で出場機会を積んだ方が将来のためという気がする。

junior

 大きな失望は、J3富山に出されていた滝だった。下に見るように、出場機会はある程度与えられたものの(Sが付いているところはスタメン)、得点という目に見える形でインパクトを残すことができなかった。2019シーズン前半戦は清水の救世主で、年代別代表にもお呼びがかかったことを考えれば、伸び悩みは否めない。このタイミングで契約満了ということはまだないと思うが、大熊GMの構想に戦力として入っているかは微妙であり、何とか別の活躍の場が見付かればと考える次第だ。

taki

 J3藤枝に出されていた平墳は、確か移籍直後に1、2試合くらいベンチ入りしたことはあったと記憶しているが、下に見るとおり、結局出場はなし。これでは藤枝からの延長オファーなし、清水との契約満了も致し方ないだろう。先日のトライアウトを受けていたようだが、JFLでも東南アジアでも何でもいいから、サッカーを続けられるといいのだが。期待していた選手だけに、残念である。

hiratsuka

 ちなみに、大悟はさらに1年北九州でやることが決まり、その翌日に横浜FCの中山克広の獲得が発表になった。両者はポジションがかぶっており、大悟が戻らないから中山をとる、あるいは逆に中山をとるから大悟は延長でいい、というような裏表の関係だったのかもしれない(梨誉についてもそうかも)。普通だったら、サポの期待も大きい大悟や梨誉を優先してもよさそうなものだが、生え抜き云々は特に考慮せず、チームに必要な選手をゼロベースで選ぶのが、大熊流なのだろうか? まあ、強くなるためには、そういう姿勢が必要なのだろうが。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村