669

 誰も覚えていないと思うが、当S研では本年の年頭に当たり、「2020年の目標は、北海道コンサドーレ札幌に勝つこと」だと宣言した。そして、クラモフスキー監督率いる我が軍が実際にホームで札幌を倒してくれた時には、「ありがとうピーター 貴方は永遠のヒーローです」と記した。今でもその気持ちに偽りはない。

 しかし、アウェーのリターンマッチでは、1:5の惨敗。昨年とまったく変わらない結果。たとえ今年下位に低迷することがあっても、札幌にダブルで勝つことでもあったら、個人的にはそれだけでも満足だったが、結局はダメシーズン以外の何物でもなかった。

 この札幌戦に向け、チームの姿勢みたいなものは、ある程度理解できた。監督が交代し、連勝こそできたが、神戸戦は行き当たりばったりだったし、セレッソ戦は内容的には厳しかった。なので、札幌戦ではある程度自分たちの形を作って主導権をとりたいという、上積みを目指したのだろう。序盤はそれが良い形で表れて、選手が流動的に動いて形を作れていたし、望外に先制点までとれた。

 しかし、意欲が空回りしており、選手が持ち場を離れすぎでもあった。典型的なのが両サイドハーフであり、右の西澤も左の中村も、まるでボランチのように両サイドに顔を出していた。あんなに動いたら、バランスを崩すだけである。

 そして、5つの失点は、敵に絶妙の崩しをされたわけではなく、いずれも防げそうな失点で、クロスへの寄せの甘さ、ルーズボールへの集中の欠如、シュートブロックの意識の低さといった原因で生じたことが、何とも情けない。良い部分を上積みしようとして、平岡監督が掲げていた「戦う」という根本の部分が、かえって疎かになってしまった印象だ。いや、闘争心は感じられたが、それを集中力に繋げるのではなく、審判へのクレームや、相手選手への威嚇にぶつけていたような感じで。

 2連勝で気が緩んだが、清水というのがどんなチームなのか、改めて思い知った試合だった。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村