game_photo_image12054

 平岡新監督になって、「戦う」ということが強調されるようになり、それが好結果にも表れている。しかし、球際を強く行くことは、ファウルと紙一重でもある。

 セレッソ戦は、とにかく飯田淳平主審とのフィーリングが合わず、選手も観客もイライラさせられた。小姑のように細かくファウルをとりたがる飯田主審の笛は、球際を強く行こうという意識の清水と、たびたび軋轢を起こした。結果、清水ゴール前の危険な位置で何度かファウルをとられ、セレッソ側の精度次第では、それが原因で敗れていてもおかしくなかった。

 実は、昨年チャンピオンになったポステコ指揮下の横浜Fマリノスは、かなりファウルの多いチームである。イケイケで攻めておいて、カウンターを食らいそうになったら、ファウル覚悟でガツンと止めるというスタイルがある。その遺伝子を引き継ぐピーター清水も、わりとファウルが多かった印象で、それが今を尾を引いている面がある。

 しかし、球際を強く行くというのと、ファウルをとられないようにするのとは、両立も可能である。現に、川崎は非常に球際が強いチームだが、いつも申し上げるように、自陣で守るときにはチーム内で「ノーファウル!」と声を掛け合って、危険なフリーキックを与えることを回避する工夫をしている。残念ながら、清水のベンチやイレブンからは「ノーファウル!」という声を聞いた覚えがない。

 飯田主審のお裁きは、ファウルの取りすぎで、心地悪いものだったが、そういう人なのだから、仕方がない。笛のニュアンスは試合に入ってみれば分かるわけだから、それに合わせていくしかない。あるいは、逆の意味で細かい反町監督だったら、審判の傾向を試合前から丸裸にし、「飯田主審は細かすぎる主審だが、それでイライラするな。むしろ味方につけろ」とイレブンに指示して試合に入るだろう。力が拮抗した試合だったら、それが勝負を分けるかもしれないのである。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村