game_photo_image12066

 セレッソ戦で前半精彩を欠き、ハーフタイムで交代させられた金子と後藤。代わって鈴木と中村が入り、結果的に後半3点とれて勝ったので、たとえば、「金子よりも鈴木の方がプレーヤーとしての価値が上なのか」とも思いたくなる。

 しかし、個人的にこの試合ではむしろ、鈴木のパフォーマンスに不満を感じた。球際が非常に淡泊であり、一度競り合いに負けると、二度追い、三度追いを全然やらない。自分がカッコ付きの「良いプレー」をすることしか頭になく、ちょっと上手く行かないともう諦めてしまうような雰囲気がある。しょせんサッカーの競り合いなんて五分五分なのだから、それに勝てないこともあるのは当然で、むしろ奪われた後に切り替えたり、しつこく追ったりすることの方が重要なのに、そのあたりの本質が分かっていないのではないかと感じる。

 その点、金子などは、確かにセレッソ戦の前半でミスも多かったが、FWながら守備のしつこさで今日の地位を築いたような選手である。自分がアシストやシュートのような決定的な仕事をするというだけではなく、チーム全体のバランスを考え、無駄走りになるかもしれないけどボールを追い、危ないシーンでは守備に戻り、エウシーニョのフォローをしたりと、色々気を使いながらプレーをしている。まだ自分のプレーしか見えていない鈴木とは、そこが違う。

 そういう風に、総合的に考えれば、鈴木唯人はまだまだひよっこで、金子翔太の方がプレーヤーとしての価値は上ではないかと思う。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村