121

 ホーム・セレッソ大阪戦は、3:1の大勝利。上位セレッソを撃破したということで、「もう毎試合、鹿児島デーにしてくれ。逆にうちがカネ出してもいいから」と思ったサポさんも多いことだろう。

 それにしても、苦戦はしたし、特に前半はまったくボールが運べなかった。繋ごうとすれば圧力をかけられてミス、ロングボールを蹴れば収まらないということで、八方ふさがりだった。どう考えても、相手の方が上手く、またチーム戦術も完成されており、「こりゃ引き分けでも御の字だし、1点差負けくらいならやむを得ないな」という雰囲気だった。

 後半になって多少推進力が出たのは、選手交代の効果もあっただろう。前半ミスを連発していた金子と、例によってチャンスで力む悪い癖の出ていた後藤を下げ、中村と鈴木を投入、これでだいぶ巡りが良くなった。

 にしても、どっちに転んでもおかしくないというか、むしろ何度かあったフリーキックを生かし、セレッソが勝っていても不思議ではなかった。そういう試合を清水がものにできたのは、精神論のようになってしまうが、「勝ちたい」という気持ちが、清水の方に強かったからではないかと思うのだ。平岡監督は就任時、「球際で丸いボールがどっちに転がってくるかって言ったら、技術もありますけど、気持ちの強い方にボールは転がってくると私は信じています」と述べている。それと同じように、というか、そういうものが積み重なって、勝利も気持ちの強い方に転がってくるものではないかと思うのだ。

 もちろん、ピーター体制下でも、選手は勝とうとはしていたはずだ。しかし、頭のどこかに、「降格がないシーズンで、新しいサッカーに挑戦しているのだから、今は負けても仕方がない」などいう考えがちょっとでもあったら、球際の部分で負けるし、それが積もり積もれば連敗地獄にもなったということではないか。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村