661

 何度も言うように、個人的に、今季に関してはもう、清水に最下位だけは回避してほしいという関心しか抱いていない。ピーター清水が上向くことは期待薄なので、最近の趣味は、大変失礼ながら、湘南さんおよび仙台さんの負け試合を観ることだけになった。直接対決という要因はあるにせよ、先方が負け続けてくれさえすれば、清水は最下位を免れられるだろうから。

 そういう意味で言えば、個人的には、先日、清水が鳥栖に勝てなかったことよりも、同じ日に湘南が柏に勝ってしまったことの方が、はるかに大きなショックだった。

 昨晩は、神戸が仙台を破ってくれた。欲を言えば、もうちょっと点差をつけてほしかったが、まあ贅沢は言うまい。これで、ビリッケツトリオの試合消化数も24で揃って、スッキリした。

 それにしても、ビリッケツトリオの成績は、見れば見るほど酷い。本当に、J1に存在してはいけないレベルである。これから終盤、下位戦線がどうなっていくのかまだ分からないが、おそらくビリッケツトリオは、Jの歴史の中で伝説的な存在として語り継がれていくことになるはずである。

 仙台、湘南に、鳥栖さんも加えると、大赤字であるとか、パワハラ問題でクラブが揺らぎ、それによって保有戦力も低下して、低迷を余儀なくされたという構図は明らかである。しかし、清水は違う。うちの場合も、当然経営は苦しいわけだが、仙台・湘南・鳥栖のようなスキャンダルまがいの事態は生じていない。ただただ単純に、サッカーがコケただけなのが、清水である。本当に恥ずべきことだ。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村