113

 ご覧のとおり、語る価値もない試合。スコアの上では1:1だったが、放ったシュートは何と2本。この監督に委ねれば、観ていてワクワクする超攻撃的サッカーが完成するはずだった。ところが、我々の目の前で繰り広げられたのは、昨年の酷い時期と変わらぬサッカー。ボールをハーフラインまで運ぶことすらままならず、結局はロングボールに逃げるだけ。昨年は、そのターゲットがドウグラスだったので、まだしもそこから何かが生まれる可能性があったが、それが、昨日のように、「ドゥトラさん、お願いします」では、何も生まれない。いや別に、ドゥトラ個人がどうこうではなく、とにかく何もないサッカーだった。

 鳥栖も苦しんでいるチームには違いないのに、随分と溌溂としたプレーをされてしまった。低い位置からビルドアップしようとする清水に対し、マンツーマン気味に人を張り付け、前に運ばせない。それをするだけで、清水が機能不全になるというのを、お見通しだったのだろう。あれだけ好き放題に試合を支配して、終盤に混戦から1点を押し込むことしかできない鳥栖もどうかと思ったが、まあその決定力不足が先方の悩みの種なのだろう。サッカーのスコア上は1:1ながら、ボクシングのように判定があれば、レフリー満場一致で鳥栖の勝ちだ。

 昨日、唯一感心したのは、この試合を経てもなお、「次の試合に向けてしっかり準備をしたい」とコメントした監督の神経だけである。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村