640

 個人的に、今季の関心事はもう「最下位回避」という一点しかないので、清水の試合と同じく、湘南、仙台の試合を、フル観戦している。土曜日の札幌VS湘南戦、川崎VS仙台戦をようやく観終わったところだけど、結局土曜日は、湘南・清水・仙台のビリッケツトリオは、3チームとも1点差負けだったんだね。どこも「抜け駆け」はしなかった。だから、最下位戦線に異常はなし。

 それにしても、川崎はもっと仙台をこてんぱんに叩いてくれるのかと思って観ていたのだけど、川崎は1点しかとれなかった。さすが仙台は木山監督のチーム、往復ビンタを食らい続けても平然と立ち続けるようなタフさがある。まあ、土曜日の試合は、ミッドウィークに川崎がルヴァン準決勝で敗退した直後の試合だったので、川崎のキレが本来のものではなかったというのもあるけれど、それでも終始川崎に押し込まれながら、1失点で我慢した仙台はエラい。最後の方なんかは逆に仙台が盛り返して、同点弾が決まってもおかしくないビッグチャンスが3つくらいあったからね。とてもじゃないが、清水に真似できる芸当じゃない。

 目下のところ、個人的な心配事は、12月5日にアイスタで第31節川崎戦があり、先方が我が聖地で優勝を決めたりはしないか、ということ。これまでの清水の歴史で、アウェー鹿島でリーグ優勝を見せ付けられたことこそあったが、日本平でその屈辱はまだないはずだ(もちろん磐田とのチャンピオンシップは別として)。「清水がストップしてやる」などという気にはとてもなれず、第30節までに川崎の優勝が決まっていてほしいなどと願うばかりである。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村