game_photo_image11856

 浦和戦、清水の守備意識は、だいぶ改善されていたと思う。集中力は、うちのチームにしては、高かった。

 1失点目、山中にスーパーゴールを決められた場面。現場で見ていた時には、「なぜ寄せないんだ」と思ったが、改めて映像で見てみると、一応、竹内が寄せようとしていたことが分かった。ただ、シュートコースに入ろうとした竹内が、相手の岩波に意図的にブロックされ(ファウルとは言えないレベル)、それで山中の前には遮るものが何もない状態になってしまったことが確認できた。シュートブロックに行かないことでお馴染みの我が清水だが、一応この場面ではその意識はあったわけで、この失点ばかりは仕方がなかったかと、そう結論付けざるをえない。

 2失点目は、明らかに清水守備陣の対応ミスだろう。そもそも奪われ方が最悪だったが、相手ボールになった時点で、敵のレオナルドはもうセンターライン上にいたのに、カバーしていた立田と竹内はそれよりも高い位置におり、レオナルドがオフサイドにならずに抜け出せる美味しい場面をプレゼントしてしまった。1点差を追い付きたいので前がかりになる気持ちは分かるが、その結果2点差にされてしまったら、万事休すである。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村