619

 昨年から、要所要所で、湘南さんの存在に助けられている。先方は、一本筋の通った立派なクラブだとは思うが、低予算のはずだし、昨年の不祥事以降、歯車が狂っている。戦力的に言えば、「J2のちょっと強い地方クラブ」という雰囲気である。今季の清水は、自分たちの作った隙をことごとく突かれて失点を重ねてきたわけだが、湘南には清水のミスを一気に自分たちの得点機に持って行くような攻撃面での迫力が感じられず、それで助かったという部分が大きいだろう。

 とはいえ、うちも人繰りが厳しい中で、ピーターが珍しく戦術的な柔軟性を発揮し、選手も全力プレーでそれに応えたことは、良かったと思う。当たり前のことだが、前半に2失点とかしなければ、勝機は広がる。何しろ、今季のうちにとっては、初のクリーンシート勝利であり、「J1にはまだ、うちがこんな形で勝てる相手が残っていたのか」と、大いに安堵した。

 その一方で、今回の勝利は、ピーターの哲学が大きく花開いて勝ったというよりは、どちらかというとそれを封印し現実に合わせることで、手繰り寄せたという気がするのである。勝利は素直に喜びたいが、同時に、「こういう現実的なサッカーをやるのなら、もっとふさわしい別の指揮官がいるのではないか」ということも考えてしまう。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村