game_photo_image11536

 ルヴァン名古屋戦、序盤からドゥトラが孤軍奮闘し、何かやってくれそうなのは彼だけという感じだった。この日の清水の中では、唯一J1クラスの選手という雰囲気を漂わせていた。外国人枠の問題もあるので、リーグ戦のメンバー入りは簡単ではないが、ピーターへのアピールには成功か。

 あと、後半頭からの出場だったけど、違いを見せたのが、河井。止めて蹴るのはやはり一番上手く、独特の落ち着きもある。ただ、彼の場合は試合を決める決定的な仕事を毎度するようなタイプではなく、今回も当たり前のプレーに終始していた印象はあった。そもそも、最近の試合に出ていなかったのは、怪我が長引いていたからなのか、それともピーター監督の評価が低いからなのかというのは、良く分からない。

 それ以外の選手に関しては、残念ながら、リーグ戦にほとんど絡めていないのも無理はないと、変に納得させられるパフォーマンスだった。たとえば福森とか、「どうして試合に出ないのだろう」と日頃から疑問に思っていたが、今回の試合で「蹴ればパスミス」という様子を見せられて、なるほどなと納得してしまった。

 ネト・ヴォルピなあ。少なくともこの試合を見る限り、我々が思い描いたようなスーパーな助っ人の姿は、そこにはなかった。彼も、腰痛ゆえに欠場が続いていたのか、それともシンプルに梅田とのポジション争いに敗れたのかは分からないが、後者の疑いが濃くなってきた。

 若手に関しては、システムが急造だし、適材適所かどうかが怪しいし、選手交代・配置転換が激しすぎて、何だか良く分からなかったというのが、正直な感想である。右ウイングバックをやらされた平墳迅が、「心ここにあらず」といった虚ろな表情をしていたのを見るのは、辛かった。まだこれからの川本、鈴木らと違って、平墳はもう後がないだろうし。

 どこかのメディアに、この試合、清水にとっての光明は成岡輝瑠のデビュー、とか書いてあったけど、そういうのは活躍した時に言うものだよね。今回は、単に出場しただけだから、そういうのを光明と言うかどうか。

 結論として、リーグ戦の主力メンバーには、下からの突き上げは一切なく、序列は安泰ということになった。悲しいかな。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村