545

 戦前の予想で、「清水は名古屋に4連勝中。相性は良い」などという言説が飛び交っていたが、個人的には全然違うだろうと思っていた。4連勝というのは、あくまでも風間監督のチームに対する成績である。志の高い攻撃的チームながら、完成度は低いという名古屋に対し、リアクションサッカーの清水が隙を突いて勝ったというのが真相だ(ついでに言えば、西澤が名古屋キラーだというのも、あくまでもその図式の中でのことである)。今や、その構図は完全に逆転している。清水の側が志の高い攻撃サッカー(しかし完成度はきわめて低い)であり、名古屋がその隙を突くという構図になることは、目に見えていた。4連勝などというデータは当てにならないと思っていたが、結果的にも、1:2という敗戦を喫することとなった。

 第1節、第2節の結果から、清水の現状を整理すると、次のような感じになる。

  • 試合開始から出足鋭くプレスをかけて試合を支配することはできる。その流れで先制点も奪えている。
  • しかし、得点は今のところショートカウンターだけ。遅攻では得点の匂いが皆無。
  • 前掛かりになりすぎたり陣形が崩れている時にパスミスが起きると、一気に決定的ピンチを招く。戻りながらの守備になるので、失点に直結しやすい。J1相手だと1試合で2~3点は確実にとられそう。
  • 敵にリードを奪われ守りを固められると、ほぼ成す術がなくなる。

 モフ監督の下で、良い要素は散見される。しかし、それを勝利に結び付けるとなると、気の遠くなるような思いがする。一言で言えば、前途多難だ。今年が降格のある年だったら、もう政権批判を始めていたと思う(笑)。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村