544

 第1節FC東京戦が行われたのが、2月23日。そして、本日7月4日に、リーグ戦再開。数えてみると、131日もの間隔が空いたことになる。Jリーグ、清水エスパルスにとっても真価が問われる空白だったけれど、当ブログにとっても試練の日々だった。

 試合がないのに、何とかネタをもたせなければならない。「試合がないのにブログのネタをひねり出す選手権」と化し、「妄想!」シリーズや「神スポンサー探訪」などの企画も織り交ぜ、どうにか131日を乗り切った。自分を褒めてあげたい気分である。

 今日からは、真逆の日々になる。週1か週2で、怒涛のように試合が続く。おそらく、前の試合をまだ消化し切れていないのに、もう次の試合が来てしまうような、そんな日々が12月まで切れ目なく続くことになるのだ。

 まあ、首都東京にコロナの第2波が来て、再びJリーグの日程に影響が出ることも、可能性としては否定できない。でも、その時は、FC東京だけ休んでくれ。もううちはF東とはやったから。

 清水に関して言えば、苦しい戦いになることは、分かっている。でも、うちにとっての大変革の年が、こういう特殊なシーズンに当たったのも、何かの巡り合わせだろう。その帰趨を、じっくりと見届けるつもりだ。


よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村