4029b7d8

 そんなわけで、昨日は、再開したJ2、開幕したJ3を、DAZNハシゴ観戦した。

 まず、観るとはなしに観てしまったのが、J3の岩手VS秋田である。最初は、「岩手の秋田監督(ややこしい)の采配ぶりを拝見」などと思っていたのだが、そう言えば秋田に鎌田が移籍していたことに気付き、鎌田に注目した。ただ、右ではなく左SBをプレーしており、髪形も雰囲気も変わっていて、ちょっとイメチェンしていたかもしれない。

 次に、J3の沼津VS藤枝は、「もう一つの静岡ダービー」として興味があったので、フル視聴した。しかし、終始藤枝が押し、沼津にほとんどシュートを打たせなかったのに、最後の方のコーナー一発で同点、さらにシュートが手に当たってしまいPKをとられ逆転と、実に奇妙な試合だった。

 沼津VS藤枝を観ていてしみじみ思ったのは、「外国人がいないなあ」という単純な事実だった。あと、5枚の選手交代ができるとはいえ、J3クラスだと選手層が薄く、そんなに有効な手は打てないのかなということも感じた。ただ、その割には、楽しみにしていたエダ氏の出場はなかったが。

 一番すさまじかったのが、夜観たJ2の長崎VS北九州戦。最初は、「コバさんとダイゴのいる北九州を観よう」と思い立ったのだが、実際に観てみると、長崎の守備陣が全員元清水であり、オマケに澤田もいるではないか。試合は、長崎がJ2の先輩として格の違いを見せ、勝利した。

 各試合を観ていると、試合の前とか、給水とか、そういう場面では距離をとったり接触を避けたり、感染防止に努めているのだけれど、肝心の試合中は必然的に接触しまくっているわけで、ゴール後に抱き合ったりするのも、どうしてもやってしまう。一番面白かったのは、試合後に、長崎の高木和と、北九州のダイゴが、ユニフォームを交換していたことである。いや、そりゃどう考えてもアカンでしょ(笑)。なお、試合中にはダイゴの決定機を高木和がぎりぎり弾き出すという、清水サポとしては白飯3杯くらい行けそうな場面もあった。

 おそらく、接触の禁止なんて、すぐに形骸化していくだろうな。一応世間向けのパフォーマンスとしてやるにしても、実質的な意味はないし。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村