先日、NHKのBSでやっていた1993年5月15日のJリーグ開幕戦、ヴェルディ川崎VS横浜マリノス、録画してあったのを、ようやく観ることができた。

 今、この試合を観て思うのは、Jリーグ開幕当初のスター選手というのは、1993年の時点で、結構歳をとってたんだな、ということ。川崎VS横浜の試合では、スタメンの平均年齢が両チームとも29歳を超えていたようだ。ちなみに、あのカズはJリーグが開幕した時に、すでに26歳だった。サッカー選手で26歳と言えば、もうキャリアの半ばくらいだろう。そう考えると、色々ビミョーな点はあるにせよ、とにもかくにも、カズがいまだに現役を続けているということ自体、やはり驚異的と言わざるをえない。

 それで、この1993年5月15日の開幕戦を飾った主力選手たちは、そのまま同年のドーハの悲劇の主人公にもなるわけだ。もちろん、翌日の5月16日に開幕を迎えたエスパルスの主力選手たちも同年代であり、同じ運命を辿る。

 ドーハの悲劇のメンバーで、その次のW杯予選および本大会まで生き残れたのは、ごくわずかだった。Jリーグ開幕当初の主力選手たちは、アトランタ五輪組など、下の世代によってすぐに塗り替えられてしまったのだ。

 ドーハの悲劇の時に、所長は、「皆、かわいそうだな。まあ、堀池は次のW杯も狙えるだろうけど。健太はどうだろう?」なんて思ったものだった。しかし、ドーハの悲劇後、確か堀池は一回だけ代表に呼ばれたくらいで、以降はまったくお呼びがかからなかったなあ。

 1993年の開幕戦を観ると、本当にカズはキレている。以前誰かが、カズの特徴として、足が速いわけではないが、相手の逆をとるのが抜群に上手いと評していたことがあったが、まさにそのとおりで、ドリブルやフェイントで相手をひょいひょいとかわしていく。ああ、この状態のカズを、W杯に出してあげたかったものだ。その後カズは、アジア予選で挫折した経験から、「体重を増やして当たり負けしないようにしなければ」という路線にシフトし、当初の軽やかさが失われていくのだ。

 「ドーハの悲劇があったから、その後の日本サッカーの発展があった」なんて言い方もあるが、とにかく所長はこれらの選手たちにW杯に行かせてあげたかったと思うわけである。


よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村