磐田とのTM、事前の報道では、立田が同年代ライバルの小川航基を止めることに意欲、みたいな記事があったが、実際には立田はあえなく主力のAチームから外れ、小川とのマッチアップはならなかった。もちろん、3バックと4バックの兼ね合いもあるし、ヴァウドが欠場したことなど、流動的な要素もあるが、要するに立田が序列を落とし、現時点では岡崎マコの方がAチームの先発メンバーに近いということだろうか。今回のTMで、マコのパフォーマンスも決して合格点ではなかったが、後から登場した立田がそれ以上にバタバタしていたことを思うと、立田の立ち位置は決して安泰ではなさそうだ。まあ、ただ、CBの出来が全般に悪く、むしろ本職でない西村が一番頼り甲斐があった感もあり、ディフェンスラインの人選にはまだまだ頭を痛めそうだ。

 序列の変化と言えば、金子のポジションが決して安泰でないという気がする。金子が運動量、守備の献身性、バランスをとることに長けているといった長所があることは周知のとおりだが、今回のTMでも見受けられたように、このサッカーで右ワイドを任せるにはスピードが欠如しており、残念ながら現状では、金子のところから何かが生まれるという期待感が低い。その点、決して点をとったから言うわけではないが、川本梨誉の方が、まだ粗削りとはいえ、武器になりうる。いみじくも先日、「新人FW川本梨誉にクラモフスキー監督、昨季MVP&得点王仲川輝人のようになれ」という記事が出て、指揮官も梨誉の突破力に期待していることが裏付けられた。案外、早い時期に梨誉が金子の地位を脅かすことになるかもしれない。


よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村