個人的に、ここ最近、普段はあまり観ないACLをチェックしているが、それは一つには、清水が開幕戦で当たるFC東京の敵情視察が目的である。そしてもう一つ、清水が今作ろうとしているサッカーの完成図が、横浜Fマリノスであるという関心もあり、マリノスの試合を観ながら、未来の清水を思い描くというか、そんな見方をしてしまう。

 そんなわけでTV観戦した一昨日のマリノスVSシドニー。いやあ、横浜は強かった。相手はオーストラリアリーグでダントツの首位らしいのだが、マリノスは完璧な内容で、4:0と圧勝した。

 特に、先日の清水VS川崎戦の清水の戦い振りを観た後に、改めてマリノスのサッカーを見せ付けられると、「本当に同じコンセプトにもとづいて作られた2チームなのだろうか?」と思うほど、まったくの別物。一見同じことをやろうとしていても、清水が、探り探り、おっかなびっくりやっているのに対し、マリノスはとにかく速く、スムーズ。「清水の参考のために、マリノスの選手のポジショニングを確認したい」と思いながら観ていても、あまりに動きが速く流動的なので、良く分からないという感じで。清水の今の挑戦を続けていれば、本当に、1年後、2年後に、こんなマリノスみたいなチームになれるのだろうかと、半信半疑な気持ちになる。

 さて、そんな途方もない挑戦を始めた我が軍にとって、頼もしいラストピースが加わった。噂では、もう2ヵ月近く取り沙汰されていたように思うのだが、スイスリーグに所属していたFWカルリーニョスの加入が、ようやく正式決定した。一体、何に、こんなに時間がかかっていたのだろうか。

 先日のファンミーティングで、大熊GMが語っていた「水が運べるポリバレントな選手」というのが、当然、カルリーニョスのことなのだろう。カルリーニョスのプレー動画を観た限りでは、ワンタッチストライカーというか、最後に中央で合わせてゴールを決める、武田修宏的な(古い!)FWという印象を受けたのだが、大熊GMの口振りでは、もっと色んな仕事ができるアタッカーということのようだ。

 背番号は、なんと10番! ポジションはどこなのだろうか? センターフォワード? 左? トップ下? まあ、「ポリバレント」という言葉からして、色んなポジションをできるのかもしれないし、試合中にも流動的にポジショニングを変えたりするのかもしれない。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村