開幕を目前に控え、J1の順位予想なども世を賑わしつつある。案の定というか、清水の予想順位は全般的に低い。後日、より詳しく取り上げようと思うが、サッカーダイジェストにおける専門家の予想を集計した総合ポイントは、清水は14位ということになっている。

 まったくもって、気に食わない。いや、清水の予想順位が低いこと自体を嘆いているのではない。実のところ、2020年に清水が降格したり、酷い場合には最下位になったりする危険性は、否定できないと思う。

 所長が気に食わないのは、専門家諸氏が、どいつもこいつも、清水を13~16位くらいの、実に中途半端な順位に予想していることである。今季の清水は、伸るか反るかの大改革に着手したのだ。確かに、上位に予想してくれたら嬉しいが、駄目なら駄目で、最下位予想でもしてみろってんだ。清水がそのくらいの大胆な賭けに出たということが、専門家連中に伝わっていないのが、悔しいのだ。ただ単に、去年の駄目清水のイメージの延長上で、13~16位くらいにされてしまっている。

 もちろん、モフ清水が、起伏の激しい戦いを繰り広げ、結果的に13~16位くらいの順位に収まるなんてことも、あるかもしれない。でも、こちとら、「丁か半か!!」というくらいの気分でいるのである。13~16位くらいの中途半端な予想は、興が殺がれるので、やめてほしいものだ。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村