404

 以前作った清水の順位推移の図だけれど、2019年の順位が確定したので、更新して再録することにする。

 今さらながら気付いたが、清水が「12位」という順位になったのは、初めてだということが分かった。今まで清水がなったことのなかった順位は、18位、16位、13位、12位、そして1位(涙)だったが、そのうち12位を埋める形となった。

 しかし、今年の清水の残留は、ただただ、湘南さんのパワハラ騒動(しかもJリーグ側が解決を長引かせたこと)に助けられた形であり、文字通りの他力だった。鳥栖がトーレスというお荷物に振り回されて迷走したことも然りであり(ただ、そのお荷物に2点もとられた試合があったなあ)、磐田のフベロ監督起用があと1~2ヵ月早かったら磐田にもまくられていた恐れがあった。

 清水は最終節で一気に順位を12位まで上げたが、これは明らかに出来過ぎであり、名古屋と浦和がすでに事実上残留を決めてモチベを失っていたことが作用しただけである。経営規模の大きな名古屋や浦和よりも上の順位に終わったということは痛快ではあるが、「12位」という順位を過信して、危機感が薄れるようなことがあってはならない。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村