清水の選手諸君。そして、清水にかかわるすべての皆様。残留おめでとうございます。

 今回の鳥栖戦でも、サッカーそのもののクオリティが向上したわけではなかった。むしろ、「相変わらずだな」と、何度も苦笑いさせられた。試合のクローズの仕方も、依然としてぎこちないものだったし。

 でも、「急に上手くなるわけがない」というのは、最初から分かっていたこと。鳥栖だって、実力も、状況も、似たり寄ったりだ。だとしたら、どれだけ泥臭く、必死になってやれるか。ホームの声援を、力に変えられるか。それが勝敗を分けるだろうことは、明らかだった。まあ、ハードワークや守備意識というのは、最終節で追い詰められたからやるのではなく、普段から最低限のベースとしてやってほしいものなのだが、こいつらもやればできるということを、ようやく最後の最後で見せてくれた。

 今季途中、篠田監督が就任した時点で、「戦術ドウグラス」を選択し、それがチームにおいても、サポの間でも、コンセンサスとなった。内容が乏しい割に効率的に勝ち点をとれるという意味で現実的ではあったが、シーズンの終盤になってチームとしての底の浅さ、上積みのなさ、そしてドウグラス自身鳴りを潜めたことで、窮地に陥った。しかし、今さら新しい戦い方ができずはずもなく、やり方を貫くしかなかった。そんなシーズンを、ドウグラスの超絶ゴールによって締めくくったというのは、いかにも今季を象徴した勝ち方だった。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村