393

 まあ、サッカーをやるのは監督じゃなくて選手なのは事実である。増してや、今のように、怪我人が多く、消去法的な人選となり、勝負手を打とうにも駒がないという状況では、監督だけを責めるのは酷かもしれない。

 それでも、恒例のヨンソン・篠田別の勝敗表を見ると、ついに篠田監督でも、負け越してしまった。今までは、篠田監督自身は、一貫して勝ち越していたのだが。当S研では「篠田監督が五分の星を残してくれれば充分。それで残留もできるはず」と言い続けてきたわけだが、その最低限の部分が、怪しくなってきてしまった。

 篠田監督に代わった当初は、相手チームの隙をついた、監督の手腕の賜物と思える勝利が見られた。割り切った、現実的な路線に思われた。しかし、ここに来て、カンフル剤の効果が薄れ、むしろチーム戦術の底の浅さみたいなものばかりが目立つようになっている。何とか、誤魔化して、あと1つ勝てればいいはずだが、その1つが、限りなく遠く感じてしまう。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村