広島との対戦が迫ってきた。残念ながら、今季、広島の試合は個人的にあまり観ていないので、詳しいことが分からない。確実に言えるのは、失点数24はリーグ3位タイの少なさで、清水はこういうタイトなディフェンスのチームを苦手としているということである。

 一方、広島の得点は清水と同じ40であり、とりたてて多いわけではない。自分たちからガンガン仕掛けていくというよりも、守備から入って粘り強くチャンスを伺い、ここぞという場面で決める勝ち方だろう。要するに、爆発力はないが、試合運びが上手く、安定感があるわけである。

 清水としては、もしかしたら、序盤にビッグチャンスを連発したり、ボールを持つ時間帯を作ったりもできるかもしれない。しかし、仮にそうなっても、実は相手が試合をコントロールしており、相手の掌の上で踊ってるだけだった、なんてことになりかねないのが、広島という相手である。攻めている時もリスク管理を怠らず、一瞬の隙から失点するようなことは絶対に避けてほしい。先制点を奪われてボールを持たされ、試合後に「内容は良かった」などというコメントは聞きたくない。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村