浦和戦の後半に松原がペナ内で浮き球を処理した場面が、DAZNの「ジャッジリプレー」で取り上げられていて、「あの場面はハンドでPK、松原にはイエローカードが相当」というのが番組の結論だった。カードの色については、あのまま流れても浦和の決定機になったという確証はなく、決定機阻止とまでは言い切れないので、レッドではなくイエローが妥当と解説されていた。

 鳥栖VS東京戦では、試合終了間際に誤審によってゴールが認められ、それによって首位戦線も残留争いもモロに影響を受けることとなった。それとは違って、浦和VS清水戦では、結局清水が敗れたことから、くだんの松原のプレーは、試合結果に影響したわけではない(もしかしたら、清水が早めに勝ち越し点を奪われた方が、反撃の時間が長く残されて、かえって同点に追い付ける可能性が高まったんじゃないかとか、ちょっと夢想もしたくなるが)。まあ、いずれにしても、負け試合の中の一幕にすぎなかった。

 ただ、もしも番組の結論のように、松原にイエローが出ることが妥当だったとしたら、彼はリーチがかかっているので、次節出場停止になったかもしれず、そのことの影響は非常に大きかっただろう。何しろ、うちのフィールドプレーヤーでは唯一、先発フル出場を続けているので。

 次節、もしも松原を欠いたら、左SBはどうしていただろうか? 二見をサイドに回して、立田がCB? それとも、福森が左SBでデビュー? まあ、そういう意味では、清水にもまだツキはあるのかもしれない。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村